この記事では「口が曲がる」について解説する。

端的に言えば口が曲がるの意味は「悪口をいさめる言葉」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「口が曲がる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「口が曲がる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 77041614

それでは早速「口が曲がる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口が曲がる」の意味は?

「口が曲がる」には、次のような意味があります。

目上の人や恩義を受けた人などの悪口を言うと、その罰として口の形がゆがむという意。人に対しての悪口をいさめる言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口(くち)が曲がる」

今ではあまり聞かない表現かもしれませんね。悪口は言う方も言われた方も気分がいいものではありません。話題が人の悪口ばかり、というような人間にはならないようにしたいですね。

「口が曲がる」の使い方・例文

「口が曲がる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.「そんなに人の悪口ばかり言っていると、口が曲がるよ。」
2.悪口を話すときっと口が曲がると祖母に言い聞かされて育った。
3.文句の一つでも言いたかったが、口が曲がると言うことだし、黙ることにした。

基本的に人や自分をいさめるときに使う言葉です。本当に口が曲がるのではありませんが、なんとなく口をつぐむ気になる表現ですよね。

「口が曲がる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 77087843

「口が曲がる」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。「口が曲がる」のように人が悪口を言うときに諫める言葉というのは他にありません。そのため、相手に忠告したり、指摘したりするという意味での類義語を集めました。早速見ていきましょう!

その1「諫める」

主に目上の人に対して、その過ちや悪い点を指摘し、改めるように忠告することを指す言葉です。いましめる、禁止するという意味もあります。「いさめる」と読みますよ。

目上の人の過ちを指摘するのは勇気のいることかもしれません。でも間違ったことは指摘してあげるのが相手のため。相手が言うことを聞かなかったとしてもあなたは恥じる必要はありませんよ。ただ、ものの言い方は気を付けましょう。

1.嘘つきは泥棒の始まりですよ、と小学生の息子が中学生に向かって諫めていた。

2.彼の方言を悪く言うのは良くないと諫めた。

3.嚙み合わせの問題があるため、彼女の歯並びを歯医者で矯正してもらうよう指摘したら、友人たちから悪口は良くないと諫められた。

その2「苦言を呈する」

本人のために言いにくいところまであえて言って諫めるという意味の表現です。言いたい放題言うわけではなく、相手のためを思って諫めるというところがポイントになります。

1.その短気すぎる性格は直した方がいいと苦言を呈した。

2.苦言を呈したが、なかなか簡単には言うことを聞かなそうだ。

3.友情にヒビが入るかもしれないとは思ったが、大切な友人のためを思い苦言を呈した。

\次のページで「その3「折檻諫言」」を解説!/

その3「折檻諫言」

臣下が自分の君主を厳しく諫めることという意味の四字熟語です。「せっかんかんげん」と読みます。「折檻」は手すりが折れることを表し、「諫言」は目上の人の過失などを指摘して忠告することやその言葉を表しますよ。

前漢の時代、成帝がひいきしている臣下は奸臣だから、切り捨てるべきだと朱雲が忠告しました。すると成帝は怒って朱雲を処刑するように命じたのです。それに対して朱雲は抵抗し、手すりにつかまったまま成帝に忠告し続けます。そうこうしているうちに、手すりが折れてしまいました。

こんな故事から来ている四字熟語です。出典は「漢書」の「朱雲伝」になります。

部下が社長の誤りを指摘した。まさに折檻諫言だ。

その4「直言極諫」

自分が正しいと思うことは相手にはっきり言って諫めることという意味の四字熟語です。「ちょくげんきょっかん」と読みます。

「直言」は思っていたことをありのままに言うことや面と向かって直接言うことという意味の熟語です。「極諫」は言葉を尽くして厳しくいさめることを表します。

直言極諫とは言うが、さすがに言い方がきつかったかもしれない。

その5「廷諍面折」

朝廷の君主の前で面と向かって非を責めることという意味の四字熟語です。「ていそうめんせつ」と読みます。

「廷諍」は朝廷で事の正否を争うことや、多くの臣下の前で君主の誤りを諫めることという意味です。「廷争」とも書きます。「面折」は面と向かって非を責めることという意味です。「面接」と書かないように注意しましょう。

「面折廷諍」ともいいます。出典は「史記」の「呂后記」です。

言い出しづらかっただろうに、社長である自分にみんなの前で指摘してくれた。これぞ廷諍面折だ。

「口が曲がる」の対義語は?

「口が曲がる」の対義語にはどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう!

\次のページで「「捨て置く」」を解説!/

「捨て置く」

そのままにしておく、かまわないで放っておく、放置するといった意味の言葉です。「口が曲がる」が相手の悪口を諫めるのに使う言葉であるのに対し、「捨て置く」は相手を諫めることをしないという言葉になります。

1.あのようすじゃ誰も彼に従わないだろうが、指摘するのも面倒なので捨て置いた。

2.あそこの子供はあのままじゃ横柄な人間になる。捨て置くな。

3.恩人のありがたい指摘を捨て置くわけにはいかない。

「口が曲がる」の英訳は?

image by iStockphoto

「口が曲がる」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう!

「be going to get in big trouble」

be going to doで~するつもりという意味になります。get in で~に巻き込まれるという意味があり、その後にbig troubleという大きな問題が来るので、大きな問題に巻き込まれそうということです。

具体的に何が起こるかは明示されていませんが、何か大事になるよというメッセージが込められています。

1.If you are always speaking ill of that person, you are going to get in big trouble.

(訳:あの人の悪口ばかり言っていると、口が曲がってしまうよ。)

2.Don't say bad things about a person, not to be going to get in big trouble. 

(訳:口が曲がらないように、人の悪口は控えなさい。)

「口が曲がる」を使いこなそう

この記事では「口が曲がる」の意味・使い方・類語などを説明しました。悪口を言うことに対して「口が曲がる」という表現で忠告するというのはおもしろいですね。

みなさんも、相手の間違いは言い方に気を付けながらやさしく忠告してあげましょう。また、忠告されても機嫌を損ねたり、聞く耳を持たなかったりという人間にはならないよう注意したいものです。

" /> 【慣用句】「口が曲がる」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「口が曲がる」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「口が曲がる」について解説する。

端的に言えば口が曲がるの意味は「悪口をいさめる言葉」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「口が曲がる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「口が曲がる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 77041614

それでは早速「口が曲がる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口が曲がる」の意味は?

「口が曲がる」には、次のような意味があります。

目上の人や恩義を受けた人などの悪口を言うと、その罰として口の形がゆがむという意。人に対しての悪口をいさめる言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口(くち)が曲がる」

今ではあまり聞かない表現かもしれませんね。悪口は言う方も言われた方も気分がいいものではありません。話題が人の悪口ばかり、というような人間にはならないようにしたいですね。

「口が曲がる」の使い方・例文

「口が曲がる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.「そんなに人の悪口ばかり言っていると、口が曲がるよ。」
2.悪口を話すときっと口が曲がると祖母に言い聞かされて育った。
3.文句の一つでも言いたかったが、口が曲がると言うことだし、黙ることにした。

基本的に人や自分をいさめるときに使う言葉です。本当に口が曲がるのではありませんが、なんとなく口をつぐむ気になる表現ですよね。

「口が曲がる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 77087843

「口が曲がる」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。「口が曲がる」のように人が悪口を言うときに諫める言葉というのは他にありません。そのため、相手に忠告したり、指摘したりするという意味での類義語を集めました。早速見ていきましょう!

その1「諫める」

主に目上の人に対して、その過ちや悪い点を指摘し、改めるように忠告することを指す言葉です。いましめる、禁止するという意味もあります。「いさめる」と読みますよ。

目上の人の過ちを指摘するのは勇気のいることかもしれません。でも間違ったことは指摘してあげるのが相手のため。相手が言うことを聞かなかったとしてもあなたは恥じる必要はありませんよ。ただ、ものの言い方は気を付けましょう。

1.嘘つきは泥棒の始まりですよ、と小学生の息子が中学生に向かって諫めていた。

2.彼の方言を悪く言うのは良くないと諫めた。

3.嚙み合わせの問題があるため、彼女の歯並びを歯医者で矯正してもらうよう指摘したら、友人たちから悪口は良くないと諫められた。

その2「苦言を呈する」

本人のために言いにくいところまであえて言って諫めるという意味の表現です。言いたい放題言うわけではなく、相手のためを思って諫めるというところがポイントになります。

1.その短気すぎる性格は直した方がいいと苦言を呈した。

2.苦言を呈したが、なかなか簡単には言うことを聞かなそうだ。

3.友情にヒビが入るかもしれないとは思ったが、大切な友人のためを思い苦言を呈した。

\次のページで「その3「折檻諫言」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: