理科生物生物の分類・進化

複数の生物が一緒に暮らす「地衣類」っていったい何?どんな生物がいる?生息地は?現役講師がわかりやすく解説します

とはいえ、基本的には菌類の体がベースですから、地衣類の名前は基本的に菌類につけられた名前になっています。

地衣類の”藻類”

では、菌類に共生して地衣類を構成している”藻類”とはどんなものなのでしょうか?

地衣類を構成する藻類は、緑藻シアノバクテリアです。住み着く藻類の種類によって、地衣類の色は大きく変化します。緑色っぽいものもあれば、黄色やオレンジ色になるものもあるんですよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

どちらも微生物やプランクトンの名前として耳にすることがあるが、生物学に詳しくないやつには違いが分からないだろうな。

緑藻とシアノバクテリアの間には大きな違いがありますから、それぞれについて少し詳しく解説しましょう。

緑藻

緑藻は緑色植物のうち、陸上植物以外のものを指します。緑色植物というのは、文字通り緑色をした植物。なぜ緑色かといえば、光合成をするため緑色の色素をもっているからです。

陸上には維管束植物やコケ植物、シダ植物などがありますが、それ以外がすべて緑藻とよばれるのですから、ものすごく大ざっぱな総称だと思って間違いありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

例えばどんなものがいるだろうか?

そうですね…中学校の理科の教科書に載っているようなものであれば、ミドリムシ、ミカヅキモ、イカダモ、ボルボックスなどはどうでしょう?いわゆる植物プランクトンですが、しっかり緑色ですよね。ほかにも、海藻のなかまであるアオサなんかは大型ですが、緑藻類に含まれます。

そのような緑藻のなかまが、菌類の体に住み着き、光合成をおこなっているのです。

\次のページで「シアノバクテリア」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: