理科生物生物の分類・進化

複数の生物が一緒に暮らす「地衣類」っていったい何?どんな生物がいる?生息地は?現役講師がわかりやすく解説します

よぉ、桜木建二だ。今回は「地衣類」というキーワードに焦点を当て、学習していこう。

地衣類というのは非常に面白い存在で、生物同士の関係や生態系を研究するうえで忘れてはいけない生物だ。生育場所も樹上から地面、コンクリート場まで多岐にわたり、意外と我々の身近にみることもできる。興味深い地衣類という存在について知っておくと、自然観や生物観が変わるかもしれないな。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

地衣類とは?

地衣類(ちいるい)とは、菌類と藻類が共生している存在を指す言葉です。

見かけが少し似ているため、よくコケ(苔)と混同されます。また、まれに「コケのなかま」と紹介されてしまうこともあるんです。実際、地衣類のなかまには「〇〇ゴケ」という名前が付けられているものが少なくないのですが、コケ植物とは全く異なる生物なんですよ。

地衣類の”菌類”

地衣類は、簡単にいってしまえば「菌類の体内に藻類が住み着いている」ような状態です。ここでいう”菌類”というのは、キノコの仲間などが含まれている菌界の生物。その中でもおもに子嚢菌(しのうきん)とよばれる菌類のグループに、地衣類を構成するものが多いです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

”菌類”と”細菌”を混同してしまうやつも多いから、注意しておきたい。菌類は細胞内に核をもつ真核生物、細菌は核のない原核生物だ。

では、ここでなんでもいいですからキノコの姿を思い浮かべてみましょう。私たちの食卓に並ぶキノコ=菌類には、緑色のものは基本的にないですよね。一般的に、菌類は光合成をおこなわず、体外からの栄養を吸収して生きる従属栄養生物です。

image by iStockphoto

ところが菌類の中に、光合成のできる微生物と共生するようになったものが現れました。「光合成でつくられた光合成産物をもらう代わりに、住みかを提供する」といった感じでしょうか。それが地衣類なのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

複数種類の生き物が集まって”地衣類”になっているんだな。

\次のページで「地衣類の”藻類”」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: