言葉雑学

3分でわかる整理と整頓の違い!意味や使い方・順番や5Sなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では整理と整頓の違いについてみていくぞ。どちらも部屋を綺麗にしたり、デスクを整えたりするイメージがあるよな。違いはずばり行動の違いのようだが、整理か整頓かによって意味・使い方が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな日常に欠かせない整理と整頓の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり整理と整頓の違いは?

image by iStockphoto

整理整頓は日常の中や仕事場など、さまざまな場所で大切な行動です。しかし、実際に整理整頓を理解して、正しい方法で行っている人は多くないでしょう。実は「整理」と「整頓」には違いがあり、それぞれ意味や手順に違いがありました。どのような違いがあるのか、はじめにざっくりとご紹介します。

整理を一言で表すと「破棄」

整理を一言で表すと「破棄」になります。空間やスペースを整える際に、まずやるべきことは「物を減らす」です。時間の経過と共に不要な物が増えるので、定期的な整理は必要になります。整えたいけど時間がない場合は、整理を重点的に行うとスッキリするでしょう。

整頓を一言で表すと「配置」

整頓を一言で表すと「配置」になります。「整理」の次に「整頓」の順番です。物に溢れている状態で整頓しても、なかなか整えられないでしょう。不要な物を取り除いてから、使いやすい場所に配置します。整頓が苦手な場合は物の住所を決めて、しまう方法がおすすめです。

特徴1:整理と整頓の意味の違いは?

image by iStockphoto

整理と整頓の意味は、どのような違いがあるのでしょうか?同じ意味だと思っていたり、違いを気にせず「整理」「整頓」を使っていたりする方がほとんどでしょう。実は、両者には細かい違いがあるので、一緒に見ていきましょう。

整理は「物を減らす」

整理の意味は「物を減らす」です。不必要な物を捨てなければ、物はどんどん溜まっていきます。部屋や職場、デスクなどをきれいにする際の第一ステップです。「整理」は物だけではなく、人員や事象に対しても使われることがあります。

\次のページで「整頓は「使いやすい場所に置く」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: