平安時代日本史

平清盛が権力を握るきっかけになった騒乱を描く「平治物語」について元大学教員が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。平治物語(へいじものがたり)は、この作品に先立って成立した「保元物語」の姉妹編と言われている。著者は同じ、成立した時期も、1220年以降と同じとされた。大河ドラマの「平清盛」と重なるところも多い書物。鎌倉時代になるまでの期間もよく分かることが文学的特徴だ。

そんな平治物語について、その内容、時代背景、人間関係などを、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史や文化に興味がある元大学教員。平安時代にも興味があり、関係することを調べている。今回は、武士の時代の幕開けとなった平治の乱を扱った平治物語をとりあげる。

ID: ↑パーツ内本文:83文字

平治物語とはどのよな作品?

image by PIXTA / 76597073

平治物語の内容は3巻。藤原信頼(のぶより)と源義朝(よしとも)が反乱を起こし、藤原信西(しんぜい)と平清盛に敗れた「平治の乱」の顛末を、和漢混交文で描いた作品です。

ID: ↑パーツ内本文:82文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

平治物語を特徴づける和漢混交文

平治物語は、悪源太義平(吉平)が主人公で、彼を悲劇の中心に位置づけています。この物語を紡ぎ出す和漢混交文とは、中国渡来の漢字による漢語、大和言葉である和語、当時の口語である俗語などを交えた文体のこと。和漢混交文とすることで、リズミカルで躍動感がある描写が実現しました。

平治物語は、平清盛が権力を握るきっかけになった「平治の乱」(1159)を題材に描いた軍記物語。藤原信頼と信西の対決に端を発し、平治の乱で敗北した源氏側が再起し、平氏を駆逐する所までを描きました。合戦場面では漢文体が中心。新しい時代に向かう流れと、そのなかにいる人間を生き生きと描きました。いっぽう、哀愁を伴う場面では和語を使っています。

ID: ↑パーツ内本文:304文字

平治物語の多彩な登場人物

平治物語には、当時の合戦に加わった武将がほぼ全員登場。登場人物の名前が似ており、親族同士なので、苗字も同じ。そんな登場人物が、親子兄弟と敵味方に分かれて殺し合うため、人物関係を理解することはとても大変です。そこで、天皇、上皇など皇室関係者、藤原摂関家、平氏の武将、源氏の武将に区分した表を作成すると理解しやすくなるでしょう。

登場人物のなかで、キーパーソンとなるのが、後白河天皇、信西入道(藤原通憲)、藤原信頼、平清盛、源義朝、源義平(通称悪源太)、源頼朝の計7名。これらの人々の立ち位置とキャラ設定をつかんでおくと、平治物語の世界をより楽しめるようになります。

ID: ↑パーツ内本文:282文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

大河ドラマの「平清盛」には、平治物語の登場人物がたくさん登場する。大河ドラマを見ていくだけでも、平治物語の大まかな内容が分かるのでおすすめだ。

ID: ↑パーツ内本文:71文字

激動の時代を描いた平治物語

image by PIXTA / 83395283

現代のように男系男子の長子相続ではありませんでした。異母兄弟が大勢存在し、それぞれが敵でもあったのです。母親の地位が低い場合は初めから敗者。母親の身分が高い者同士の争いは熾烈でした。それに加え、天皇自身がえこひいきをすることも。平安時代には抑え込まれていた武士が台頭したことによる大変動の時代でした。

ID: ↑パーツ内本文:150文字

平治物語の中心人物、後白河天皇

多発した内乱の中心にいるのが後白河天皇。内乱の元凶なのか、たんに時代の波に流されていたのか、いろいろな考え方ができます。後白河天皇は、77代天皇(1127~1192)で、その名は雅仁(まさひと)。鳥羽天皇の4番目の子息として生をうけました。異母帝である近衛(このえ)の急死により、天皇に即位しました。二条帝に譲位したあと、5代の天皇にわたる30余年者間、院政を行って王権を維持します。

後白河天皇は、たくみに源氏平氏に近づいた人物。利用したら裏切り、源平争乱を演出したと言われています。なんども幽閉されましたが脱出し、そのたびに復権しました。新しく確立した鎌倉幕府とも揉めること多数。しかし、巧みに操りました。その後の武家政権において皇室の力を維持、「治天の君」と呼ばれました。そんな後白河を源頼朝は「二歩日の大天狗」と評しました。

ID: ↑パーツ内本文:367文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

後白河は寺社勢力には厳しく接しました。その反面、仏経を手厚く保護し、東大寺の大仏再建に取り組みました。また、当時の流行歌である今様にのめりこみ、一般の下賤な歌い手や踊り手を宮中に招き入れ、一緒に詠ったり踊ったりしたとのこと。彼が今様を撰して世に出したのが「梁塵秘抄」(りょうじんひしょう)です。「梁塵秘抄」は当時の流行歌集。今読んでもとても楽しいものです。

ID: ↑パーツ内本文:178文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

遊びをせむとや生まれけむ 戯れせむとや生まれけむ。権力争いの黒幕だった後白河法皇は、身分の低い芸人たちと一緒に詠いながら、憂さ晴らしをしていたのだろうか。そんな姿を想像すると、少し愛着がわいてくるな。

ID: ↑パーツ内本文:100文字

後白河に翻弄された源平の武将たち

鳥羽天皇が亡くなったあと、崇徳上皇派と後白河天皇派の間で保元の乱が勃発。後白河天皇方は平清盛と源義朝、崇徳上皇派は藤原頼長、源為義、源為朝、平正忠。後白河天皇は勝利し、崇徳上皇は讃岐に遠流となります。後白河の後見役の入道信西は、政権を強化するために力をふるいました。荘園を整理するなど、大寺社の統制をすすめ、事実上の権力者となります。

後白河は3年で譲位。二条天皇が即位します。譲位したあと、後白河を太政天皇に押し上げたのが信西。後白河は藤原頼長から没収した荘園を自分のものとし、絶大な財力を築きあげました。すると後白河派と二条派で争いが激化。後白河派の内部でも、信西と信頼が対立します。朝廷内は三つ巴の争いとなり、保元の乱から3年後に平治の乱が勃発しました。

ID: ↑パーツ内本文:331文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

源平の武将たちを巧みに利用することで、後白河は絶対的な地位を築いたと言えるだろう。しかし、彼が権力を握れば握るほど、政権は不安定になった。内部のパワーバランスを上手く操れなかったのかもしれないな。

ID: ↑パーツ内本文:98文字

平治物語に関わる二つの大きな内乱

image by PIXTA / 72665320

平治の乱は保元の乱と分けて考えることはできません。保元の乱の200年ほど前から地方政治は乱れ、土地の豪族たちが武士団を雇うようになります。その武士団が土着化して、大きな力を持つようになりました。平安時代の貴族政治はガタガタと崩れ去ったのです。そして、天皇家の皇位継承争いを機に保元の乱が勃発しました。

ID: ↑パーツ内本文:150文字

皇位継承をめぐる天皇家の争い

平治物語に関わるのは皇位継承をめぐる天皇家の争い。崇徳上皇と後白河天皇の対立です。そこに藤原家の争いが加わり、戦闘に発展しました。後白河天皇側では、源義朝や平清盛などの武士が力を発揮。崇徳上皇は破れ、讃岐に遠流となりました。これが保元の乱です。

保元の乱のあと、後白河は上皇となり、絶大な勢力をふるいました。一方、彼に対して不満を持つ人々も。たとえば、戦功があったにも関わらず、その処遇に不満を持っていた源義朝、乱をあおった信西に恨みを持っていた藤原信頼などです。そこで信頼は義朝を誘い、信西の庇護者である平清盛の留守中に、白川院の御所を襲撃。このとき、源義朝、源義平、源頼朝が、信頼側につきました。合戦の場はなんと上皇の御所。これが平治の乱です。

ID: ↑パーツ内本文:325文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
hikosuke