文化・歴史雑学

元日と元旦の違いはその時間帯?漢字の意味や具体例・お正月に関する豆知識まで日本語大好きライターが徹底わかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では元日と元旦の違いについてみていくぞ。どちらも正月を表す言葉だとはイメージできるだろうが、2つとも同じ意味だと思っている人もいるんじゃないか?しかし、これらには明確な違いがあって会話や文中での使い方も変わってくる。今回はそんなめでたい日を表す言葉の違いを、漢字の意味から確認しつつ、具体例もまとめて日本語が大好きなライターおとのと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おとの

日本語を学ぶのが大好きな雑学オタクライター。いつも年末は「自分への1年間のご褒美」、年始は「今年を頑張るための景気付け」と称して財布の紐が緩みっぱなしになるので、そろそろそんな自分を戒めたいと思っている。

元日と元旦の意味を確認しよう!

image by iStockphoto

元日と元旦はどちらもお正月の1月1日を表す言葉ですね。会話の中では1月1日よりも言いやすい分、多く口にしているかも知れません。では、同じ日付を表す2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは辞書を使い、それぞれの意味と違いについて確認していきます。

元日:1月1日

まずは元日を調べてみましょう。小学館のデジタル大辞泉には次のように載っています。

がん‐じつ〔グワン‐〕【元日】

1年の最初の日。1月1日。国民の祝日の一で、年のはじめを祝う日。《季 新年》「—や上々吉の浅黄空/一茶」

(出典:デジタル大辞泉 / 小学館)

意味としては説明のままですね。新しい年の始まりを告げる1月1日はやはり特別なもの。おせち料理やお雑煮を食べて、おめでたい日をお祝いします。子供にとってはお年玉も欠かせない大イベントですね。家族や親戚が集まって団欒の時間を過ごすことも多いでしょう。元日は1月1日であれば、どんな場面を切り取っても利用可能な言葉です

元旦:1月1日の朝

次は元旦について確認しましょう。デジタル大辞泉の記載は以下のとおりです。

がん‐たん〔グワン‐〕【元旦】

元日の朝。元朝。また、元日。「一年の計は元旦にあり」《季 新年》

(出典:デジタル大辞泉 / 小学館)

\次のページで「漢字の意味や成り立ちは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: