理科生物

なぜ花は蜜を作るの?花の蜜の役割やハチミツの雑学について食品メーカー研究員が解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「花の蜜」というキーワードについて学習していこう。
小さいころ、野原で花を摘んで花の蜜を吸った経験がある人も多いのではないだろうか。花はどうして蜜を作って出すのだろう?花の蜜と受粉の関係、我々も恩恵にあやかっているハチミツについても、これを機に学んで行こうじゃないか。
大学で生物を学び、現在は食品メーカーの研究員であるライター、ハナイグチに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hanaiguti30

ライター/ハナイグチ

大学で生物学を学び、現在は食品メーカーの研究員として勤務している。

サプリメントの広告を見るとついつい有効成分の含有量や作用機序を調べてしまう。

ID: ↑パーツ内本文:73文字

なぜ花は蜜を作るの?

image by iStockphoto

小さいころ、野原でムラサキツメクサなどの花びらをちぎって蜜を吸った経験はありませんか?私はよく花の蜜をおやつがわりに吸いながら遊びまわっていました。ですが甘い花の蜜は決して私たちが美味しい思いをするために存在するわけではありません。

花の蜜は離れたところに咲いている花同士が受粉するために必要なのです。それでは花の蜜について詳しく説明したいと思います。

ID: ↑パーツ内本文:177文字

花粉を運んでくれる生物への対価

花粉を運んでくれる生物への対価

image by Study-Z編集部

お花は子孫を増やすために受粉する必要があります。受粉は雌しべ(めしべ)に雄しべ(おしべ)の花粉がつくことです。花は自分で移動することができないので、離れたところにある花同士で受粉するためには虫に運んでもらったり、風に運んでもらったりする必要がありますよね。

それぞれ虫に花粉を運ばせる花を虫媒花、風に花粉を運ばせる花を風媒花と呼びます。

花の蜜は花粉を運んでくれる生き物をおびき寄せるために使っているので、風媒花は蜜をださない場合が多いです。

ID: ↑パーツ内本文:223文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

一つの花の中にある雄しべと雌しべ同士の受粉ではダメなのか?それなら、わざわざ虫に運んでもらう必要がないと思うのだが…。

ID: ↑パーツ内本文:66文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
hanaiguti30