オンライン英会話

【100人に聞いた】おすすめのオンライン英会話10選を徹底比較!選び方のポイントやユーザーの感想も紹介!

よぉ、桜木健二だ。距離や時間的制約でスクールに通えない場合でも、オンライン英会話なら気軽に英会話を始めることができるな。だが実際に始めようとすると、たくさんのオンライン英会話サービスがあり自分に合うサービスがどれか迷う人も多いんじゃないか?

そこで今回は英会話のスキルアップにオンライン英会話を活用してきたという緒垣まりこを呼んだ。実際の経験やユーザーの本音のインタビュー結果を踏まえ、ポイントをまとめて伝えていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
緒垣まりこ

ライター/緒垣まりこ

翻訳者兼ライター。学校英語、独学、通信講座、スクール通学など試行錯誤を経て「仕事で使える英語」を習得。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

自宅で気軽に!オンライン英会話の魅力とは?

自宅で気軽に!オンライン英会話の魅力とは?

image by Study-Z編集部

英会話を習得したいと思っていても、英会話スクールは敷居が高く感じる人もいるでしょう。また、スクール自体が近くにないとか、仕事が不規則で決められた時間にレッスンを受けられないという場合もあります。かといって独学だけではなかなか英会話力はつきません。そこで自宅で気軽に英会話のレッスンが受けられる、オンライン英会話について、詳しくご紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:170文字

オンライン英会話が人気の理由

さまざまなオンライン英会話サービスがありますが、どこも1回のレッスンが30分程度と短いため、忙しい社会人のほか、主婦や学生なども自分の都合に合わせて気軽にレッスンを受けることができます。また、自宅やカフェなど自分の好きな場所でレッスンできるため、スクールまでの移動時間や交通費を考えなくてよいのも魅力です。

洋服を選んだりメイクをしたり荷物を確認したりといった出かける準備にも案外時間がかかるもの。それらが一切必要ないオンライン英会話は、本当の意味での「隙間時間」の活用にぴったりと言えますね。

ID: ↑パーツ内本文:248文字

リラックスできることが英語力UPの秘訣?!

中学や高校と何年も英語を学んでいるのに、英語がちっとも上達しないと思っている人は多いのではないでしょうか。その理由はもしかしたら、心理的なハードルのせいかもしれません。大勢の前で英語の間違いを指摘されたといった学生時代の記憶が英語習得の足かせになっている可能性があります。筆者も発音を笑われて恥ずかしい思いをした経験があり、しばらく英語の授業が苦痛に感じたものです。

その点、オンライン英会話は基本的に講師とマンツーマン。しかも自宅など、自分がリラックスできる環境で英語を話せるため、心理的ハードルが取り払われてレッスン内容が身に付きやすいと言えます。

ID: ↑パーツ内本文:277文字

まずは無料体験から

ほんとんどのオンライン英会話サービスには無料体験コースがあります。まずは気になったサービスの無料レッスンを受けてみましょう。無料レッスンの内容はサービスによって異なりますが、多くの場合は、有料会員になった場合と同じレッスンを1~2回受けることができます。

実際にいくつかのサービスの無料レッスンを受けてみて、講師のレベルや雰囲気、運営の対応、自分のニーズに合っているか、などを比較検討するのがよいでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:204文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど。オンライン英会話では、自宅でリラックスしながらマンツーマンのレッスンが受けられるというわけだな。無料で体験できるコースもあるということだから、みんなもまずは気軽にトライしてみてくれ!

ID: ↑パーツ内本文:96文字

オンライン英会話の選び方ポイント5点

image by PIXTA / 72253251

ここからはオンライン英会話の選び方について、5つのポイントに絞って詳しく見ていきます。

ID: ↑パーツ内本文:43文字

その1.料金プラン(チケット制・月謝制など)が自分に合っているか

オンライン英会話にはさまざまな料金プランがあります。プランの内容はサービスによって異なりますので、ホームページに記載されている月額料金を単純に比較することはできません

たとえば、月額の利用料がA社では4000円、B社では6000円だったとします。金額だけを比較するとA社の方が安いですが、A社は1か月のレッスン回数が8回までのプラン、B社はレッスン回数無制限のプランだとしたらどうでしょうか?この場合A社の1レッスンあたりの料金は500円、B社で30日間毎日1回ずつレッスンを受けると1レッスンあたり200円となり、B社の方がお得と言えますね。しかしもしB社のプランで1か月に10回しかレッスンを受けられないならば、1レッスンあたりの料金は600円となり、A社よりも割高です。

筆者も、表示されている金額が安いコースに飛びついてしまい失敗したことがあります。料金プランの検討は慎重にしましょう!

ID: ↑パーツ内本文:400文字

その2.自分のレベルに合ったコースがあるか

ほとんどのオンライン英会話サービスでは、初級者から上級者までさまざまなレベルのレッスンが提供されています。コース選びに迷った場合のレベルチェックや日本人スタッフによるカウンセリングがあるところもありますので、自分の英語レベルがどの程度か判断に迷う場合には、そのようなサービスを利用してみるのもよいでしょう。

コース選びで注意が必要なのは、何か具体的な目標・目的があって英会話を習いたいといったケースです。たとえばビジネスシーンでの英語力UPを目的とする場合、提供されるレッスンが日常会話や旅行を想定したものばかりでは思ったような英語力を身に着けることができません。契約してから実は希望するレッスン内容ではなかったとなると、英会話をマスターしようというやる気が削がれてしまいますよね。そうならないようにコースを選ぶことをお勧めします

ID: ↑パーツ内本文:367文字

その3.希望する時間にレッスンが受けられるか

オンライン英会話の一番の魅力は、自分の都合に合わせて好きな時間にレッスンを受けられること。24時間好きな時間にレッスン可能とうたっているサービスも多いですが、ここでも注意が必要です。たとえば講師が特定の国(フィリピンなど)に偏っている場合には、その国の夜間~深夜の時間帯はどうしても講師不足となり予約が取りにくくなる傾向があります。

筆者が利用したオンライン英会話サービスではさまざまなタイムゾーンに講師がいたため、レッスンしたいのに空いている講師がいないということはありませんでした。自分が希望する時間帯が決まっている人は、希望の時間帯に問題なくレッスンの予約が取れるか予め確認しておくとよいでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:303文字

その4.講師を指名できるか

通学のスクールでは担任制(毎回決まった講師のレッスンを受ける)も少なくありません。しかしオンライン英会話では、講師が固定されているコースは稀で、受講生がレッスンのたびに講師を選ぶシステムとなっています。ホームページには「お好きな講師を選んでレッスン」といった文言も並んでおり、受講生側が自由に講師を指名できるような雰囲気ですが、実はここも要注意ポイント。アメリカ人やイギリス人のネイティブ講師や受講生からの評価の高い人気講師は予約がなかなか取れないのが実情のようです。

オンライン英会話利用者のレビューでも、実は講師を選べなかったというのを不満点として挙げている方が多いですね。ただこれは、裏を返せばそれだけいろいろな講師のレッスンを気軽に受けられるということ。最初はとにかく空いている講師で受講し場数を踏むと割り切ってスタートするのも一手かもしれません。

ID: ↑パーツ内本文:379文字

その5.達成度テストやレベルアップなど、モチベーションUPの仕組みがあるか

オンライン英会話は「いつでも好きな時間に」というのがセールスポイントですが、逆に言うと、忙しさや疲れなどを理由にレッスンの間隔が空いてしまっても誰からも咎められることがありません。また学校と違って定期的なテストがあるわけでもないため、自分がどの程度上達したのか分かりにくいことも。

実は筆者もオンライン英会話を何度か挫折しかけています。その時思ったのが、ゲームのログインボーナスのようにレッスンのたびにちょっとしたご褒美があればいいなということ。残念ながら筆者が利用していたサービスではそのようなシステムはなかったので、自分で自分のお尻を叩いてなんとかモチベーションを維持するしかありませんでした。

「やる気が続きにくい」と自覚している人は、このあたりのサポートが充実しているかに注目してみるとよいかもしれません。

ID: ↑パーツ内本文:359文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

安心してスムーズにレッスンを受けるには、ホームページの文言に踊らされずじっくりサービスを比較検討すべきということだな。

ID: ↑パーツ内本文:59文字

結局費用はいくら必要?

オンライン英会話サービスの費用の中心はレッスン料です。これは、各サービスのホームページで「月額〇〇円」などと提示されているので把握しやすいですね。しかし実際にレッスンを始めると、このレッスン料以外にも細々としたお金がかかるケースも。ここからは、費用についてもう少し詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:144文字

1レッスンに換算すると……

オンライン英会話の料金は、各サービスによってさまざまに設定されているため単純に金額だけで比較はできません。トップページや料金プランのページには「1レッスンあたり〇〇円~」という記載もありますが、実はこの数字も簡単には比較できないのです。

たとえば、「1レッスンあたり190円」と書いてあれば、割安な印象を受けますが、これが実は1日2回までレッスンできる月額11,400円のコースを毎日2回、きっちり30日間受けた場合の1レッスン当たりの金額だったということも。30日間毎日欠かさず2回レッスンを受けるというのは、不可能ではないにせよ少々ハードルが高いですよね。各サービスの料金を比較検討する場合、1レッスンあたりに換算するのは有効な方法ですが、その前提となる回数のレッスンを受けられないのであれば意味がありませんので注意してください。

ID: ↑パーツ内本文:368文字

講師予約料や登録料、教材費がかかる場合も

どのサービスも基本的にはレッスン料だけでレッスンを受けることができます。オンラインレッスンにはZoomやSkypeのほか、各サービス独自のアプリを利用する場合もありますが、これらのアプリはほとんどが無料です。教材も無料でダウンロードできるものがほとんどですが、コースによっては別途教材の購入が必要な場合も。この点も確認しておくと安心ですね。

さて、ここで注意が必要なのが「予約料」。講師の予約がレッスン料に含まれているプランと、講師の予約には別途料金がかかるケースもあります。講師のランクによって予約料が段階的に設定されているサービスでは、人気講師の予約を繰り返すと結果的にプランの月額の1.5倍、あるいは2倍近くの請求額になることも。

あとから予定外の費用がかかるとやる気もダウンしちゃいますよね。そうならないように、プラン以外の費用もチェックしておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:384文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

結局いくらかかるのか事前にはっきりさせておくのが重要ということだな。気になる点はしっかり問い合わせ、疑問点を解消しておくといいぞ!

ID: ↑パーツ内本文:65文字

どんな講師がいるの?

オンライン英会話のホームページを見ると、まず「ネイティブとのレッスン」というフレーズが目に入ります。ネイティブというとアメリカ人やイギリス人を思い描きがちですが、実情はどうなのでしょうか?ここから詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:110文字

講師陣は多国籍

オンライン英会話には、欧米だけでなくアフリカや東南アジアなど多くの国の講師がいます。その中で、英語が第一言語(母語)の国の出身者が「ネイティブ講師」と呼ばれているようですね。そしてそれ以外の国出身の講師は「ネイティブ並み」、「ネイティブに匹敵」といった表現で、ネイティブスピーカーと同等の英語力のある講師とされています。

筆者は主にフィリピン人講師のレッスンを受けていました。フィリピン人講師は厳密にはネイティブではありませんが、訛りも少なく聞き取りやすい英語だったので、実質的にはネイティブとの差を感じませんでした。実際オンライン英会話ではフィリピン人講師が非常に多く、フィリピン人講師専用のプランが設けられているところもあります。

ID: ↑パーツ内本文:318文字

ネイティブ指名、日本人指名などのオプションも

それでもやっぱりネイティブ講師のレッスンを受けたい!という人は、ネイティブ講師を利用できるプランを選ぶのがいいですね。ただし、ネイティブ講師を利用できるプランは値段設定が高めとなります。「欧米ネイティブコース」や「ネイティブ講師プラン」など、サービスによってさまざまな名称になっていますので、チェックしてみてください。

また、「いきなり外国人講師とのレッスンはちょっと……」と思う人には日本人講師を選べるコースから始めるのもよいでしょう。日本人講師を希望する場合、日本語で教えてもらえるのか、それとも英語オンリーが原則なのかといった点も確認しておくと安心ですね。いずれにしても、いざというときに日本語が通じるというのは初学者には心強いメリットと言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:345文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

オンライン英会話ではいろいろな講師がいて、それぞれにメリットとデメリットがあるということだな。自分のレベルや予算に合わせて賢く講師を選んでくれ!

ID: ↑パーツ内本文:72文字

おすすめのオンライン英会話10選の内容比較一覧表

レビュー件数の多い順におすすめのオンライン英会話を10個ピックアップしました。

気になる項目を一覧にまとめましたので参考にしてください。

ID: ↑パーツ内本文:69文字
サービス名主なプラン講師陣無料体験
DMM英会話スタンダードプラン(月額6,480円)世界130ヵ国無料体験2回
ネイティブキャンププレミアムプラン(月額6,480円)世界120ヵ国以上・日本人7日間無料トライアル
レアジョブ英会話日常英会話コース(月額6,380円)フィリピン人・日本人無料体験2回
QQ English月16回コース(月額7,348円)フィリピン人無料体験2回
ベストティーチャー通常コース(月額12,000円)世界60ヵ国以上あり
Bizmates毎日25分プラン(月額13,200円)ビジネス経験重視の人選あり
kiminiオンライン英会話スタンダードプラン(月額6,028円)フィリピン人10日間無料トライアル
Hanaso毎日25分コース(月額6,578円)フィリピン人無料体験2回
産経オンライン英会話Plus1日1回プラン620(月額6,380円)フィリピン人・ネイティブ・日本人無料体験4回
ECCオンラインレッスン1日1回コース(月額8,866円)フィリピン人・ネイティブ・日本人あり
ID: ↑パーツ内本文:503文字

オンライン英会話おすすめ10選を本音レビュー付きで徹底比較!

ここでは、お勧めのオンライン英会話10選について利用者の実際の声も交えながらさらに詳しく見ていきます。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

その1.DMM英会話:多彩な講師陣が自慢。大手業者運営の安心感

その1.DMM英会話:多彩な講師陣が自慢。大手業者運営の安心感

image by Study-Z編集部

DMM英会話では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカ共和国の7ヵ国出身の講師を「ネイティブ講師」と定めています。

このネイティブと日本人を含むすべての講師のレッスンを受けられるのが「プラスネイティブプラン」(1日25分のレッスン1回で月額15,800円)、ネイティブと日本人以外の講師のレッスンを受けられるのが「スタンダードプラン」(1日25分のレッスン1回で月額6,480円)。シンプルで分かりやすいプラン設定となっています。

ID: ↑パーツ内本文:241文字

【メリット】130ヵ国以上の充実の講師陣

【メリット】130ヵ国以上の充実の講師陣

image by Study-Z編集部

レッスンの予約は24時間OKです。24時間対応のサービスは他にもありますが、講師の人数が少なかったり国が偏っていたりすると、空いている講師がいないという時間帯も出てくるもの。その点、DMM英会話の講師はさまざまなタイムゾーンに分散しており人数も豊富なため、24時間予約可能というシステムがしっかり機能していると言えるでしょう。

受講経験者のレビューでも「24時間好きな時にレッスンができてよかった」という声が多く寄せられています。

ID: ↑パーツ内本文:216文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
緒垣まりこ