理科生き物・植物生態系生物

子育てを他の鳥に丸投げ?!「托卵」って何?カッコウの例をもとに獣医学部卒ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。君たちは「托卵」という言葉を知っているか?托卵(たくらん)とは、他の生き物の巣に自分の卵を産み付けて子育てをしてもらう行動だ。「そんなことしたら相手にバレてしまわないの?」と思ってしまうが、バレないようにするためにたくさんの工夫をしているんだ。今回はそんな托卵について、学生時代、獣医学部で動物について勉強していたライターみんちが詳しく解説するぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みんち

学生時代、獣医学部で動物の知識を学んだ。趣味は動物園巡り。ライターとして、初心者にもわかりやすく、質のある情報を提供できるよう、日々奮闘中。

托卵とは?

image by iStockphoto

托卵とは、子育てを他の生物に任せる行動のことを言います。自分の子供をを他人に育てさせるなんて普通できないですよね。托卵は鳥類でみられることが多く、巣作りから卵を温める抱卵、ヒナの世話までを他の鳥に丸投げしてしまうのです。

托卵される鳥は「仮親」と呼ばれます。托卵する鳥の数はごくわずかで、世界の鳥類全体の約1%程度です。日本では、托卵をする鳥としてカッコウやツツドリ、ホトトギスなどがいます。

托卵する理由

「子育てを人任せにするなんてあんまりだ」と思う方もいるかもしれません。ですが、托卵をする鳥にはちゃんと托卵しなければいけない“3つの理由”があるんです。

第一に、産卵に集中するため。托卵をする鳥の特徴に、1度の繁殖で産む卵の数が多いという習性があります。普通、鳥が産む卵の数は4つ程度ですが、なんとカッコウは10個近く産むのです。様々な鳥の巣に托卵していくことで、自分はたくさんの卵を産むことができるんですね。

 

第二に、他のことに時間と体力を使うため。これは言うまでもありませんね。子育てにかける労力を、自分に費やすのです。食事は自分の分だけ狩りをすればいいですし、子育てのための巣作りの必要もありません。それにカッコウやホトトギスの場合は渡り鳥だからという理由もあります。渡り鳥は長距離を移動しなければならないため、自分は子育てに時間と労力をかけられないのです。

 

第三に、卵を温めることが難しいから。カッコウは恒温性があまり発達していません。恒温性とは、自分の体温を維持するための身体機能のことです。自分の体温を維持するのが難しければ、当然卵を温めるのも難しいに決まっていますよね。そのため、抱卵を他の鳥に任せることしかできないのです。

托卵には様々な種類がある

托卵には様々な種類がある

image by Study-Z編集部

托卵と言ってもそのやり方は様々です。

カッコウのようにほかの種に対して行う場合を種間托卵、一方で同じ種類の鳥同士が托卵しあう場合を種内托卵といいます。種内托卵をする鳥はダチョウやムクドリなど。托卵をする鳥の中でも、”巣作りをするもの、しないもの”や、”仮親の卵に色や模様を似せることができるもの”、”自分の卵の大きさに似た卵を判断して産みこむもの”など、そのやり方は様々です。一概に「托卵」と言っても、住む環境や鳥ごとの性質によって托卵の仕方を工夫しているんですね。

カッコウの托卵

image by iStockphoto

托卵する鳥で有名なのがカッコウです。ずる賢いと言われるカッコウの托卵ですが、実際にどのように行われているのか詳しく見ていきましょう。

托卵相手を決める条件とは?

カッコウは誰彼構わず托卵をしているわけではありません。托卵をする相手にはちゃんと条件があるのです。

1つ目は同じ食性であること。もし、自分のヒナと仮親の食べるものが違っていたらヒナは育つことができませんよね。ですのでカッコウは自分と同じ、昆虫を主食とする鳥をターゲットにする必要があるのです。

2つ目は、托卵相手が自分よりも体が小さいこと。その理由は托卵する巣をたくさん見つけられるからです。一体どういうことでしょうか。動物は体が大きければ大きいほどその種の個体数は少なくなります。アリとゾウを想像してみてください。世界中にいるアリとゾウの数を比べたら、圧倒的にアリのほうが多いですよね。それは鳥の世界でも同じことです。体が小さい鳥はそれだけたくさん生息しています。その分、巣をたくさん見つけられて、托卵のチャンスが増えるというわけです。

\次のページで「バレないように夫婦で協力」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: