理科生物

インコはなぜ人の言葉をしゃべるの?インコの発声の仕組みやおしゃべりが得意なインコの種類についてもわかりやすく解説します

インコは人の言葉をマネしてしゃべるのが得意ですが、なぜ人と同じように言葉を発することができるのか考えたことはあるでしょうか?実はインコが人の言葉をマネするのにはインコの習性や発声の仕組みが関係しているんです。
セキセイインコを飼っていて生物学に詳しいライターAnnaと一緒に解説していきます。

ライター/Anna

大学で生物学について幅広く学び、大学院では植物の研究をしていた。生物学の楽しさをたくさんの人に広められるよう日々勉強中。

インコはなぜしゃべるの?

image by iStockphoto

インコは人の言葉を覚えておしゃべりをする鳥として知られていますが、なぜインコは人の言葉をしゃべるのでしょうか?インコが他の動物と違って人の言葉をマネする理由や、インコが人と同じような言葉を発声できる仕組みを解説していきます。

インコはしゃべるのは「鳴き声をマネする習性がある」から!

インコは鳥の中でもおしゃべりが好きであることが知られています。野生のインコは通常群れで暮らしていて、親鳥や仲間の鳥の鳴き声をマネしながら様々な鳴き方を覚えてコミュニケーションを取っているのです。

しかし、ペットとして飼われているインコは鳴き方を覚えるヒナの時から人間に育てられているため、人間を「仲間」として認識し人間の言葉をマネしてコミュニケーションを取ろうとします。また、鳥類は鼓膜が大きいことが知られていて、ちょっとの音の違いも聞き分けられることから言葉の抑揚や高さまでマネして人間の言葉を「おしゃべり」できるんです。飼い主の発する言葉を一生懸命聞いてマネし、私たち人間とコミュニケーションを取ろうとしていると考えるととても可愛らしいですよね。

インコは「鳴管」を使っておしゃべりしている!

インコは人間と違い唇がなく、舌の大きさも人間と比べるととても小さいですがどのようにしておしゃべりをしているのでしょうか?

人が声を発する時には「声帯」を使いますが、鳥類は「鳴管(めいかん)」と呼ばれる気管の奥にある器官を使って発声します。インコは他の鳥と比べて鳴管の筋肉が発達しているため複雑な音を出しておしゃべりできるのです。また、インコの舌は他の鳥と比べて肉厚で柔軟に動かせるよう発達しているため、人のように舌の形を変えて様々な音を出すことができます。そのため人の言葉のような抑揚をそのままマネすることができ、上手におしゃべりするのです。

\次のページで「メスよりオスの方がよくしゃべる!?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: