国語言葉の意味

【慣用句】「二つと無い」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「二つと無い」について解説する。

端的に言えば二つと無いの意味は「唯一無二」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「二つと無い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「二つと無い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「二つと無い」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「二つと無い」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「二つと無い」の意味は?

「二つと無い」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.代わりになるものがない。「二つと無い珍宝」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「二つと無い」

「二つと無い」はあるものを指して、その代わりになるものが存在していないことを表す慣用句です。どこを探しても同じものがない、唯一無二の物。「二つと無い」はこうしたただ一つしかない物を指して使われている言葉となっています。主にその物の価値を伝えるために使われている言葉です。

よく似た表現に「一つとして同じものはない」という慣用表現があります。この言葉と混同し、「二つとして無い」と書くことは誤った表現のため、こちらも注意して覚えておきましょう。この機会に「二つと無い」の意味・用法をしっかりと覚え、ご自身の語彙を増やしていきましょう。

「二つと無い」の語源は?

次に「二つと無い」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「二つと無い」の語源は現在はっきりとしていません。「二つと無い」の語源ははっきりしていないと覚えておきましょう。「二つと無い」は二つ無いことを強調する意味で、「と」が加えられた表現となっています。

あるものが、世の中全体を見ても二つ無い。「二つと無い」はこうした意味を表現する言葉として生まれています。現在主に書籍・新聞・小説といった文章中において使われている表現です。口語ではあまり使われていないため、こちらの点についてもあわせて覚えておきましょう。

\次のページで「「二つと無い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: