今回は「ところてん 寒天」の違いについて解説していきます。そもそもあまり食べる機会がない両者ではありますが、みんなはその違いを知っているか。結論、両者はともに海藻である天草やオゴノリを原料とする食べ物なんです。この記事ではそんなところてんと寒天の違いをはじめ、似た様な言葉である「くずきり」や「ゼラチン」との違いについてを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

ともに天草が原料!ところてんと寒天の違いは製法にあり!

image by iStockphoto

似た様な見た目をしているとことてんと寒天ですが、その違いは果たしてなんなのか。疑問に思った方も多いともいます。早速結論を申しますと、両者はともに「天草(テングサ)」と呼ばれる海藻を原料とする食べ物です。以下よりその違いを詳しく見ていきましょう。

ところてんは天草を煮溶かし、型へ流し込み成形した食品

まずとこてんについてですが、ところてんは原料である天草を茹でて煮溶かし、型へ流し込み成形して作られます。食べる際は、「天突き」と呼ばれる器具を使用して細い麺状にして食べるのが一般的です。

寒天はところてんを凍らせて乾燥させたもの

一方で寒天は、ところてんを凍らせて乾燥させたもの。つまり、ところてんとの違いはその製法にあります。また寒天には角寒天や糸寒天、粉寒天など種類が豊富です。

地域によって異なる!ところてんの食べ方

みなさんはところてんをどのように食べていますか。ところてんは地域によってその食べ方が異なります。以下より地域ごとの食べ方を見ていきましょう。

\次のページで「関東では三杯酢や酢醤油で食べるのが主流!」を解説!/

関東では三杯酢や酢醤油で食べるのが主流!

まず関東圏ですが、関東では三杯酢や酢醤油でところてんを食べるのが主流です。平安時代に中国から伝わったところてんですが、当時はからし酢で食べられいたそう。後に、関東圏では酢醤油などで食べられるようになりました。

関西は黒みつで!

一方、関西圏では黒蜜で食べることが多いそう。関東ではところてんをおかずとして食べられるのに対し、関西ではデザート感覚でところてんを食べることから黒みつをかけるのが主流になったそうです。

使い方万能!寒天の食べ方とは?

image by iStockphoto

寒天はさまざまな料理に使われるまさに万能食品。具体的には、寒天ゼリーや杏仁豆腐などなどデザート含め何かを固める際に重宝される食べ物です。ところてんとは異なり、そのまま食べるというよりは、料理やお菓子作りに用いられる調味料的存在と言えます。

ところてんと寒天の歴史・名前の由来

ここからはところてんと寒天の歴史、またその名前の由来についてを解説していきます。

1.ところてん:もともとは「心太(こころぶと)」!?

ところてんは漢字で「心太」と表記されます。ところてんの語源は諸説挙げられますが、「心太(こころぶと)」と呼ばれていたものが次第にとことてんと呼ばれるようになったと言う説が濃厚です。そもそも心太と呼ばれるようになったのは、原材料である天草の俗称が心太であったのが理由になります。

\次のページで「2.寒天:語源は寒晒心太(かんざらしところてん)!」を解説!/

2.寒天:語源は寒晒心太(かんざらしところてん)!

寒天という食べ物は偶然誕生したもので、真冬の時期に料理で残ったところてんを外に放置したことで偶然に生み出された食べ物になります。以上の出来事から、寒晒心太(かんざらしところてん)が寒天の語源だそうです。

ダイエット効果あり!ところてんと寒天の栄養

ダイエット食品としても注目されるところてんと寒天。両者は本当にダイエット効果があるのか。その栄養価、摂取する効果・効能について解説していきます。

ところてんと寒天ともに低カロリー

ところてん・寒天はともに100g中のカロリーが約2~3キロカロリーしかなく、低カロリー・低糖質な食品です。また食物繊維も豊富に含まれており、水分の吸収が良いことから満腹中枢の刺激によって食べ過ぎ防止につながります。

ところてんと寒天の効果・効能

他にもところてんと寒天を摂取する効果がさまざま挙げられるので、以下よりその効果・効能を箇条書きで紹介していきます。

ところてん、寒天を摂取する効果・効能

・便秘対策…食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消につながる
・むくみ解消…カリウムを豊富に含み、体内の老廃物排出を促す
・血糖値の上昇抑制…水溶性食物繊維によって栄養素の吸収スピードを緩やかにする

etc…

\次のページで「似たような言葉「くずきり」「ゼラチン」との違いは?」を解説!/

似たような言葉「くずきり」「ゼラチン」との違いは?

image by iStockphoto

ところてんと寒天と似ている食べ物として挙げられるのが「くずきり」や「ゼラチン」。両者はともにその原料が異なります。天草を原料とするところてんと寒天に対し、くずきりの原料はくず粉。くず粉は、葛という植物の根から製造したデンプンのことを言います。ゼラチンは動物の皮、腱、骨などを構成するコラーゲンという動物性のたんぱく質を主成分とする食べ物です。

ところてん・寒天はダイエットの味方!

この記事ではところてんと寒天の違いを解説してきました。おさらいすると、両者はともに天草と呼ばれる海藻を原料とする食べ物でその違いは製法にありました。ともに海藻を原料としていることからミネラルなどの栄養成分を豊富に含みダイエットをしている方にとって味方と言える食品です。現在では、お湯で溶かして冷やし固めればできる粉末状の寒天も市販されています。ぜひこの機会にサラダやスープなど様々な用途で寒天を食してみてくださいね。

" /> 3分でわかるところてんと寒天の違い!似たような言葉「くずきり」との違いは?語源や歴史、ダイエット効果などとともに雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説 – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

3分でわかるところてんと寒天の違い!似たような言葉「くずきり」との違いは?語源や歴史、ダイエット効果などとともに雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

今回は「ところてん 寒天」の違いについて解説していきます。そもそもあまり食べる機会がない両者ではありますが、みんなはその違いを知っているか。結論、両者はともに海藻である天草やオゴノリを原料とする食べ物なんです。この記事ではそんなところてんと寒天の違いをはじめ、似た様な言葉である「くずきり」や「ゼラチン」との違いについてを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

ともに天草が原料!ところてんと寒天の違いは製法にあり!

image by iStockphoto

似た様な見た目をしているとことてんと寒天ですが、その違いは果たしてなんなのか。疑問に思った方も多いともいます。早速結論を申しますと、両者はともに「天草(テングサ)」と呼ばれる海藻を原料とする食べ物です。以下よりその違いを詳しく見ていきましょう。

ところてんは天草を煮溶かし、型へ流し込み成形した食品

まずとこてんについてですが、ところてんは原料である天草を茹でて煮溶かし、型へ流し込み成形して作られます。食べる際は、「天突き」と呼ばれる器具を使用して細い麺状にして食べるのが一般的です。

寒天はところてんを凍らせて乾燥させたもの

一方で寒天は、ところてんを凍らせて乾燥させたもの。つまり、ところてんとの違いはその製法にあります。また寒天には角寒天や糸寒天、粉寒天など種類が豊富です。

地域によって異なる!ところてんの食べ方

みなさんはところてんをどのように食べていますか。ところてんは地域によってその食べ方が異なります。以下より地域ごとの食べ方を見ていきましょう。

\次のページで「関東では三杯酢や酢醤油で食べるのが主流!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: