生き物・植物雑学

3分で簡単にわかるカサブランカとユリの違い!花言葉や見分け方・育て方も雑学好きライターがわかりやすく解説

この記事ではカサブランカとユリの違いについてみていきます。どちらも美しい花を咲かせ、良い香りのするイメージがあるよな。違いは花の構造のようですが、カサブランカかユリかによって花の咲かせ方・花言葉が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんな園芸に欠かせない植物の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりカサブランカとユリの違いは?

image by iStockphoto

カサブランカの花を知っていますか?ユリによく似た可憐な花を咲かせる植物です。一見全く同じ花に見えますが、実は違いがあるといいます。今回の記事は、カサブランカとユリの違いについての紹介です。まずはざっくり違いを見ていきましょう。

カサブランカ:オリエンタル・ハイブリッド

カサブランカの品種はユリ科ユリ属なので、大きいくくりではユリの仲間になります。ユリと見た目がほとんど同じですが、違いはヤマユリとタモトユリを組み合わせた、オリエンタル・ハイブリッドの栽培品種であることです。

ユリ:ユリ科ユリ属

ユリの品種はユリ科ユリ属です。真っ白で大ぶりの花が印象的で、園芸・贈り物として人気の高い植物になります。品種改良が盛んに行われていて、それぞれ色・形などが違い多種多様です。日本だけでなく、世界中で愛されています。

名前の由来は?

image by iStockphoto

ざっくりとした違いがわかりましたので、ここからは違いを詳しく追っていきましょう。はじめは名前の由来から紹介していきます。名前にはどのような背景があるのか、どこの国の言語からつけられたのかなど一緒に見ていきましょう。

カサブランカ:モロッコの都市名から名付けられた

1975年頃に作られたカサブランカは、モロッコの都市名から名付けられています。当時、植物に都市の名前をつける場合が多かったため、同じように名付けられたのでしょう。カサブランカはスペイン語で、白い家という意味があります。大きくて真っ白な花からは、白い家が連想できますね。

\次のページで「ユリ:花が揺れている様子から名付けられた」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: