この記事ではベーグルとパンの違いについてみていきます。ベーグルは、さまざまな種類が存在するパンの中の一つというイメージがあるよな。この2つは同じパンと言っても、大きな違いは原材料と製造工程にあるようです。その他にも食感や味、どちらを選べばヘルシーなのか、調べるといろいろとあるみたいです。
今回は世界各地で多数の種類があるベーグルとパンの違いを、それぞれの起源から合わせて確認しつつ、専業主婦歴10年のパン好きライターささき葵と一緒に解説していきます。

ライター/ささき葵

評判のパン屋さん巡りをしては大量のパンを買い込んでしまうパン好きライターで、子ども3人を育てる専業主婦。栄養の高さや身体によいという食品を、なんでも料理に取り入れている健康オタクでもある。

ベーグルとパンの違いは原材料と製造工程!

image by iStockphoto

ベーグルは穴の空いた丸い型が印象的で、おしゃれな専門店もあるくらい人気がありますよね。ベーグルはパンの一種なのですが、普通のパンとは少し異なります。その違いは原材料と製造工程にありました。

ベーグルとパンの原材料の違い

ベーグルとパンは基本の材料は同じですが、比べると異なる点があります。

ベーグルの原材料
小麦粉・塩・砂糖・イースト・水

パンの原材料
小麦粉・塩・砂糖・イースト・水・卵・牛乳・バター

通常、パンには乳製品の卵や牛乳、油脂のバターなどが加えられており、乾燥しにくくしっとり感のある生地を保つ効果があります。

それに比べてベーグルは、乳製品や油脂が一切入っていないのです。

ベーグルの製造工程

ベーグルの作り方は生地を練った後に形成し、一次発酵させたあとにお湯で茹でてから焼き上げます

1回の発酵にすることで膨らみを抑えた中身の詰まった生地になり、茹でることで表面にデンプンの膜を作るので、焼くと表面はツヤやかで硬く中はモチモチっとした食感に仕上がるのです。

\次のページで「パンの製造工程」を解説!/

パンの製造工程

通常のパンの作り方は生地を練った後に一次発酵させ、形成した後に二次発酵をさせてから焼き上げます

2回の発酵によって生地をしっかりと膨らませることで、柔らかなふっくらとしたパンに仕上がるのです。

ベーグルとパンの起源とは?

image by iStockphoto

ベーグルはパンの一種なので、パンの歴史の方が古くなりますが、その後どのようなきっかけでベーグルが誕生したのでしょうか?それぞれの起源についてもみていきましょう。

ベーグルの起源はポーランド

ベーグルの発祥は14世紀のポーランド

ポーランドのクラクフにはユダヤ人が多く移住しており、その地でユダヤ人がベーグルの原型となる「オブヴァジャネック」というリング状のパンを作っていた事が起源と言われています。このオブヴァジャネックも一度茹でてから焼かれており、今のベーグルと同じ工程がありますね。

また、ユダヤ人は宗教上の理由から肉類を食べる際は卵や乳製品を同時に食べてはいけなかった為、卵や乳製品を使わずにパンが焼かれた事がそのまま残る形でアメリカに伝わったのです。

パンの起源は古代メソポタミア

パンは8000年〜6000年くらい前の古代メソポタミアの時代に、小麦粉を水で練って焼いたものが食べられており、それが起源と言われています。

小麦の栽培と共にパン作りも伝わった古代エジプトでは、空気中にあった酵母菌が偶然にもついた発酵パンが生まれ、そのパン生地を焼いてみるとふんわりと美味しかったことから広まっていきました。

その後に伝わった古代ギリシャでは、パン職人が登場するなど、パンはどんどんと作られていき世界中に伝わっていくのです。日本には鉄砲が伝わった戦国時代に入ってきたと言われています。

 

\次のページで「ベーグルとパンの食感や味は?」を解説!/

ベーグルとパンの食感や味は?

image by iStockphoto

ベーグルとパンは原材料や作られる工程にも違いがありました。起源も違う2つがずっと現代も区別されて人気があることには、食べ方の違いや味などにも多くの理由がありそうです。

ベーグルはモチモチ感が特徴

ベーグルは発酵を1回にすることで膨らむことを抑えているため、生地のふんわり感は控えめですが、中はきめの細かいモチモチとした食感が楽しめます。外は茹でて焼き上げることで膜ができ、ツヤとかたさのある仕上がりに。

材料もシンプルなため、プレーンなベーグルでは小麦の本来の風味が味わえますし、肉や魚、野菜やチーズなどの好きな具材をサンドして食べる楽しみもあります。

パンは種類が豊富でさまざま

パンの種類は数え切れないほどありますので、ハード系から菓子パンまで味や食感もさまざま。

ベーグルとの比較でみると、発酵を2回することでふっくらと柔らかく仕上がります

また、油脂や乳製品の種類によっても大きく味に違いが出ますが、素朴な味わいのベーグルに比べてバターや牛乳などを使うパンは、甘みやコクを感じられるでしょう。

ベーグルとパンはどちらがヘルシー?

油脂や乳製品が含まれないベーグルは、ヘルシー志向に人気がありダイエットにも良さそうなイメージ。では、パンの中ではベーグルが1番ヘルシーかと言われると、そうではありません。

パンの中でも、小麦の代わりにふすま粉や全粒粉などを使った、低糖質でミネラルなどの栄養素も取れるものも多くなっています。さらにカロリーで見ても、ベーグル一個分はお茶碗一杯分の白米とほとんど同じですので、低カロリーとも言えないのです。ではなぜヘルシーなイメージがあるのかというと、原料がシンプルなことはもちろん、一個でも十分の満腹感が得られることではないでしょうか。ベーグルは生地の密度が高く、噛みごたえがある事で噛む回数が増えて腹持ちがいいです。さらに野菜や魚などの栄養価の高い具材を選んでサンドできることも、総合的に健康的な食事の意識へと繋がっているのでしょう。

素材の味を感じながらベーグルを楽しもう!

ベーグルはパンの中の一種ですが、油脂や乳製品の入っていないシンプルな味わいが特徴でしたね。今ではベーグル専門店も多く、プレーンのベーグル以外にもチョコレートやフルーツなどの入ったものなど、バリエーションも豊富になっています。個人的にはふわふわのバターのきいた甘さの感じるパンが好みでしたが、ベーグルの小麦を感じるモチモチとした食感も味わいたくなりました。ぜひ、好みの味のベーグルやパンを食べ比べてみてください。

" /> 3分で分かるベーグルとパンの違い!原材料や作り方、味やヘルシーなのはどっち?という疑問にパン好きライターがわかりやすく解説 – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

3分で分かるベーグルとパンの違い!原材料や作り方、味やヘルシーなのはどっち?という疑問にパン好きライターがわかりやすく解説

この記事ではベーグルとパンの違いについてみていきます。ベーグルは、さまざまな種類が存在するパンの中の一つというイメージがあるよな。この2つは同じパンと言っても、大きな違いは原材料と製造工程にあるようです。その他にも食感や味、どちらを選べばヘルシーなのか、調べるといろいろとあるみたいです。
今回は世界各地で多数の種類があるベーグルとパンの違いを、それぞれの起源から合わせて確認しつつ、専業主婦歴10年のパン好きライターささき葵と一緒に解説していきます。

ライター/ささき葵

評判のパン屋さん巡りをしては大量のパンを買い込んでしまうパン好きライターで、子ども3人を育てる専業主婦。栄養の高さや身体によいという食品を、なんでも料理に取り入れている健康オタクでもある。

ベーグルとパンの違いは原材料と製造工程!

image by iStockphoto

ベーグルは穴の空いた丸い型が印象的で、おしゃれな専門店もあるくらい人気がありますよね。ベーグルはパンの一種なのですが、普通のパンとは少し異なります。その違いは原材料と製造工程にありました。

ベーグルとパンの原材料の違い

ベーグルとパンは基本の材料は同じですが、比べると異なる点があります。

ベーグルの原材料
小麦粉・塩・砂糖・イースト・水

パンの原材料
小麦粉・塩・砂糖・イースト・水・卵・牛乳・バター

通常、パンには乳製品の卵や牛乳、油脂のバターなどが加えられており、乾燥しにくくしっとり感のある生地を保つ効果があります。

それに比べてベーグルは、乳製品や油脂が一切入っていないのです。

ベーグルの製造工程

ベーグルの作り方は生地を練った後に形成し、一次発酵させたあとにお湯で茹でてから焼き上げます

1回の発酵にすることで膨らみを抑えた中身の詰まった生地になり、茹でることで表面にデンプンの膜を作るので、焼くと表面はツヤやかで硬く中はモチモチっとした食感に仕上がるのです。

\次のページで「パンの製造工程」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: