雑学食べ物・飲み物

3分でわかるあんぽ柿と干し柿の違い!作り方や栄養素・魅力などを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではあんぽ柿と干し柿の違いについてみていくぞ。どちらも食べると甘くて、田舎のおばあちゃんが出してくれるおやつのイメージがあるよな。違いはずばり乾燥方法のようだが、乾燥のさせ方によって食感・甘味が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんな昔ながらのおやつに欠かせないあんぽ柿・干し柿の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりあんぽ柿と干し柿の違いは?

image by iStockphoto

あんぽ柿や干し柿は食べると甘くて、どこか懐かしさを感じるおやつになります。どちらも柿を乾燥させるだけの簡単なものですが、温かみのある美味しさです。見た目がそっくりなあんぽ柿と干し柿ですが、どのような違いがあるのでしょうか。今回は2つの違いを、わかりやすくご紹介します。

あんぽ柿は硫黄で燻製させる

あんぽ柿は硫黄で燻製させる製法です。柔らかくジューシーな食感で、食べると甘味が口いっぱいに広がります。中身もずっしりと詰まっているので、腹持ちがよいですよ。水分量は50%ほどで、しっとりとしています。乾燥させていないそのままの柿や、ドライフルーツ状の干し柿よりも柔らかいので、お子さまからお年寄りまで美味しく食べられるでしょう。

干し柿は干しておくだけ

干し柿は名前のとおり、干しただけのドライフルーツです。味付けや干し方に特徴はありません。あんぽ柿よりも固く黒くなります。水分量は20~30%程度で、しっかりとした歯ごたえです。口寂しいときや糖分を摂取したいときに、おすすめのおやつになります。

特徴1:作り方は?

image by iStockphoto

ざっくり違いがわかりましたので、ここからは特徴の違いをさらに掘り下げていきます。この章は、あんぽ柿と干し柿の作り方の紹介です。完成までの日数や、必要な材料などに違いがあります。一緒に手順を追っていきましょう。

あんぽ柿は1ヶ月ほどで完成

あんぽ柿の作り方をご紹介します。まずは柿の枝部分を残して、ヘタを取りましょう。ヘタが取れましたら、きれいに皮をむいていきます。タコ糸を用意して片側を枝に結び、もう片方を別の柿に結んでいきましょう。結び終わった柿たちを、棒にかけたら乾燥の準備は完了です。密閉し硫黄に火をつけて燻製させます。最後は風通しのよい場所に、1ヶ月ほど干しておくと完成です。

\次のページで「干し柿は40日ほどで完成」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: