雑学食べ物・飲み物

カカオとココアは実は一緒!?ホットチョコレートの違いは?カカオやココアの歴史や摂取する効能も合わせて雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

カカオとココアは同じもの!相違点は処理方法にあり!

image by iStockphoto

辞書でも確認した通り、カカオとココアは広義では同じもの。ココアはカカオを原料とする加工品であり、その相違点は処理方法にあります。以下より詳しくその違いを見ていきましょう。

カカオは植物名で、ココアとは食品名

上述した通り、ココアの原料はカカオ。カカオはより生の実に近く、ココアはさまざまな処理工程を踏んだ状態のものです。そのため、カカオは植物名でありココアは食品名として区別できます。

冷却圧搾処理されたものは「カカオ」、加熱圧搾処理されたものが「ココア」

端的に言うと、カカオとココアはその処理方法が異なりカカオは「冷却圧搾処理」、ココアは「加熱圧搾処理」されたもの。簡単に言うと、カカオ(カカオパウダー)はカカオ豆を低温で乾燥させて粉末状にするのに対し、ココアはカカオの実をローストした上でパウダー状にしたものになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

焙煎の有無が両者の違いだ。焙煎を必要としないカカオは、その栄養素が落ちにくく、カカオ豆本来の苦味を味わえるぞ。

カカオとココアの歴史

image by iStockphoto

ではここからはカカオとココアの歴史について見ていきましょう。

1.カカオの歴史:昔は貨幣としても使われていた

まずカカオについてですが、カカオの食文化はその歴史が古く紀元前1100年頃のマヤ文明の時代がその始まりとされています。当時は、貨幣や貢物としても使われていたそう。ちなみに「カカオ」の由来は、当時カカオの栽培を始めていたオルメカ人が話していたミヘ・ソケ語の「カカワ」が由来だそうです。

\次のページで「2.ココアの歴史:「ショコラトル」がその始まり!?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: