この記事ではバニーとラビットの違いについてみていきます。2つともどちらもうさぎを英語で表現した言葉です。違いはずばり指しているうさぎのあるようです。また、他にもうさぎを英語で表現したヘアという言葉があるみたいなんです。
今回はそんなバニーとラビットの違いについて、そしてヘアの違いについてや英語以外の呼び方についても雑学好きなライター食いしん坊主婦と一緒に解説していきます。

ライター/食いしん坊主婦

食べることと調べることが大好き。気になった物事はついつい調べてしまうが忘れっぽいのが難点。

バニーとラビットの違いは指しているうさぎにあり!?

image by iStockphoto

ネザーランドドワーフやホーランドロップイヤーなど最近ではペットとしても人気がある可愛いうさぎ。うさぎは英語で言うとrabbit(ラビット)ですが、bunny(バニー)もうさぎを表す言葉。これってどう違うの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。実はバニーとラビットの違いは、指しているうさぎにありました。

バニーは子うさぎのこと

もともとバニーは子どものうさぎを指す言葉。ですが今では「うさちゃん」といった感じのウサギの愛称の意味合いがあり、また子供がうさぎのことを呼ぶときの幼児語としても使われるようです。日本でいうと犬のことをワンワン、と呼ぶような感じでしょうか。ちなみに英語だと犬の幼児語はdoggie・doggy(ドギー)になります。そしてバニーは可愛い、魅力的な女性を呼ぶときなどに使うこともあるようです。そう考えるとバニーガールという言葉もしっくりきますね。

ラビットは穴うさぎのこと

ラビットが指すのはもともとは穴うさぎのことのようです。「穴うさぎ」と聞くとイメージが湧きにくいかもしれませんが、日本でも一般的に飼われているようなうさぎを指します。どちらかというとフォーマルで大人が使う一般的な言い方と言われるようです。主に飼育されているうさぎを言うので、ペットで飼っているうさぎはもちろん、動物園のふれあいコーナーやペットショップにいるうさぎも「ラビット」になりますね。

同じくうさぎのことを指す、ヘアは何が違う?

image by iStockphoto

あまり馴染みはないかもしれませんが、hare(ヘア)もうさぎを表現する言葉です。こちらは何が違うかというと、飼い主のいない、野うさぎになります。ラビットよりも筋肉質であるり、躍動的で野性味あふれる特徴を持っているのが特徴。例えば、絵本でも有名な「うさぎとかめ」がありますよね。この絵本に出てくるうさぎは英訳するとヘアという表現になるそうですよ。

\次のページで「まだある!英語のうさぎの呼び方」を解説!/

まだある!英語のうさぎの呼び方

実はうさぎの英語表現はほかにもあります。古い言い方ではありますが、大人のうさぎをconey(コニー)、うさぎのオスだけを指してbuck(バック)、メスはdoe(ドゥ)と区別した表現も。また、主に子猫の意味で使われるkitten(キットン)kit(キット)ですが、生まれたばかりの赤ちゃんうさぎをこのように呼ぶこともあるそうです。

英語以外のうさぎの呼び方とは?

image by iStockphoto

ラビットやバニーといううさぎの呼び方は日本でもなじみがありますね。では、他の国の言葉ではうさぎをどう呼んでいるのか気になりませんか?せっかくなので調べてみました。一部をご紹介すると韓国では토끼(トッキ)、中国では兎子(トウツ)、イタリアではconiglio(コニーリョ)、スペインではconej(コネッホ)、ロシアではкролик(クローリク)、そしてフランスはlapin(ラパン)です。ラパンは軽自動車の車種の名前に使用しているので、聞いたことのあることも多いのではないでしょうか。うさぎのイメージ通り、可愛らしい車ですよね。

バニーとラビット、豆知識として知っておこう

もふもふしていて可愛いうさぎ。うさぎカフェというものもあり、抱っこするととても癒されます。今回は、そんなうさぎを表現するバニーとラビットの違いについてみてきました。普段の会話であまり出てこないフレーズかもしれませんが、ふと「そういえばバニーとラビットってどう違うの?」という会話になったとき、さらっと教えてあげられるとかっこ良いと思います。また、他の国での呼び方も知ってたりしてたら、更に素敵ではないでしょうか?ぜひ、豆知識として知っておいてくださいね。この記事が何かのお役に立てれば幸いです!

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> バニーとラビットの違いはうさぎの種類?ヘアとの違いや英語表現・英語以外のうさぎの呼び方について雑学好きが徹底的に調べてみた – Study-Z
生き物・植物雑学

バニーとラビットの違いはうさぎの種類?ヘアとの違いや英語表現・英語以外のうさぎの呼び方について雑学好きが徹底的に調べてみた

この記事ではバニーとラビットの違いについてみていきます。2つともどちらもうさぎを英語で表現した言葉です。違いはずばり指しているうさぎのあるようです。また、他にもうさぎを英語で表現したヘアという言葉があるみたいなんです。
今回はそんなバニーとラビットの違いについて、そしてヘアの違いについてや英語以外の呼び方についても雑学好きなライター食いしん坊主婦と一緒に解説していきます。

ライター/食いしん坊主婦

食べることと調べることが大好き。気になった物事はついつい調べてしまうが忘れっぽいのが難点。

バニーとラビットの違いは指しているうさぎにあり!?

image by iStockphoto

ネザーランドドワーフやホーランドロップイヤーなど最近ではペットとしても人気がある可愛いうさぎ。うさぎは英語で言うとrabbit(ラビット)ですが、bunny(バニー)もうさぎを表す言葉。これってどう違うの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。実はバニーとラビットの違いは、指しているうさぎにありました。

バニーは子うさぎのこと

もともとバニーは子どものうさぎを指す言葉。ですが今では「うさちゃん」といった感じのウサギの愛称の意味合いがあり、また子供がうさぎのことを呼ぶときの幼児語としても使われるようです。日本でいうと犬のことをワンワン、と呼ぶような感じでしょうか。ちなみに英語だと犬の幼児語はdoggie・doggy(ドギー)になります。そしてバニーは可愛い、魅力的な女性を呼ぶときなどに使うこともあるようです。そう考えるとバニーガールという言葉もしっくりきますね。

ラビットは穴うさぎのこと

ラビットが指すのはもともとは穴うさぎのことのようです。「穴うさぎ」と聞くとイメージが湧きにくいかもしれませんが、日本でも一般的に飼われているようなうさぎを指します。どちらかというとフォーマルで大人が使う一般的な言い方と言われるようです。主に飼育されているうさぎを言うので、ペットで飼っているうさぎはもちろん、動物園のふれあいコーナーやペットショップにいるうさぎも「ラビット」になりますね。

同じくうさぎのことを指す、ヘアは何が違う?

image by iStockphoto

あまり馴染みはないかもしれませんが、hare(ヘア)もうさぎを表現する言葉です。こちらは何が違うかというと、飼い主のいない、野うさぎになります。ラビットよりも筋肉質であるり、躍動的で野性味あふれる特徴を持っているのが特徴。例えば、絵本でも有名な「うさぎとかめ」がありますよね。この絵本に出てくるうさぎは英訳するとヘアという表現になるそうですよ。

\次のページで「まだある!英語のうさぎの呼び方」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: