雑学食べ物・飲み物

とこぶしとあわびの違いは見た目ではわからない?見分け方・味の違いなどを料理好きライターが詳しく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではトコブシとアワビの違いについてみていくぞ。見た目が似ているため、トコブシは小さいアワビを指すのではないかと思っている人も多いんじゃないか?ずばり2つは別の貝のようだが、調べてみるといろいろな違いがあるようだ。
今回はそんなトコブシとアワビの違いを、分類から確認しつつ、料理好きライター田嶋と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
tajiaco000

ライター/田嶋あこ

食いしん坊な料理好きライター。ササッと魚を捌ける人に憧れ、最近は魚料理に挑戦中。日々の料理経験を活かして、違いをわかりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

トコブシとアワビってどんな貝?

image by iStockphoto

トコブシとアワビはミミガイという巻貝の仲間です。種類によって多少異なりますが、ミミガイ科の貝は人間の耳のような形をしています。貝の中身が大きいというのも特徴です。

仲間と言ってもトコブシとアワビは全く別の貝なため、違いもあります。詳しくみていきましょう!

ID: ↑パーツ内本文:128文字

トコブシ:軟体動物門腹足網ミミガイ科トコブシ属

トコブシはミミガイ科の中のトコブシ属に分類される貝です。海の底(床)で石の隙間に隠れる(伏せる)ようにしてくっついていることなどから、「床伏(とこぶし)」と呼ばれるようになったという説があります。

どんな貝なのか、早速みていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:119文字

生息地
北海道南部〜九州にかけての日本海・太平洋など。
潮間帯(干潮した時に露出する部分)〜水深10mほどの浅瀬に生息する。

主な生産地
高知県・徳島県・三重県など。

種類
トコブシ・フクトコブシの2種。


本来の旬は4月〜8月頃。
縁起物としておせちに使われることから、12月〜1月も旬と言える。

ID: ↑パーツ内本文:147文字

アワビ:軟体動物門腹足網ミミガイ科アワビ属

アワビはミミガイ科の大型の貝の総称。分類はアワビ属です。巻貝の仲間ではありますが、岩にくっついている姿を見ると、シジミやアサリのような二枚貝に似ています。

しかし、貝殻が1枚しかないことから「あはぬみ(不合肉)」と呼ばれ、その呼び方が転じて「あわび」になったという説も。

生息地などをチェックしてみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:156文字

生息地
北海道南部〜九州にかけての日本海・太平洋・瀬戸内海など。
潮間帯(干潮した時に露出する部分)〜水深50mほどに生息する。

主な生産地
岩手県・千葉県・三重県など。

種類
クロアワビ・エゾアワビ・マダカアワビ・メガイアワビの4種が主流。

アワビの旬
エゾアワビは11月〜1月頃。
クロアワビ・マダカアワビ・メガイアワビは6月〜9月頃。

ID: ↑パーツ内本文:167文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tajiaco000