IT・プログラミング雑学

C言語とC++は何が違う?呼び出しや変換は可能?双方の特徴や難易度について雑学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回はプログラミング言語であるC言語とC++について説明するぞ。どちらもプログラミング開発には欠かせず、特にC言語は基本かつ最重要。さらにC++はC言語の発展形で、両者を使いこなせるエンジニアなら開発の場面で引っぱりだこになること請け合いだ。エンジニアを目指したいが、両者の違いやどちらを学ぶべきかが分からない……という人向けに、雑学好きライター・ねぼけねこと一緒に解説していくぞ。

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、IT・プログラミング分野の歴史にも詳しい。

C言語とC++の違いをざっくり解説

はじめに、C言語とC++の違いをざっくり説明します。両者は全く違うものですが、誕生した経緯や使われ方などにおいて、深い関係にあると言えるでしょう。

C言語:特に知名度の高いプログラミング言語

C言語は、プログラミング言語として1972年に開発されました。C言語によるプログラム実行を行うには、ソースコードを作成後、「コンパイル」と呼ばれる機械語に変換して実行する必要があることから、「コンパイル型汎用プログラミング言語」と呼ばれることもあります。

C言語はコンピューターに特化したプログラミングを行うため、コンパクトかつ処理速度が早さが特徴的。特に使われることが多いのは組込系の現場や人工知能、ハードウェアやサーバのプログラム開発の分野です。

歴史のある言語ですが、今でも多くのシステムで使われており、未だに高い人気を誇っています。

C++:C言語がパワーアップしたプログラミング言語

1983年に「C言語の拡張版」として開発されたのがC++(シープラスプラス)で、日本では略して「シープラプラ」や「シープラ」とも呼ばれるプログラミング言語です。「オブジェクト指向」が追加されるなど、C言語よりも開発効率がよくなるよう工夫されています。

また、C言語との互換性も大きな特徴のひとつです。このためC++とC言語は、ソフトウェアの開発ではしばしば一緒に使われます。

C言語とC++はどう使い分けられている?

C言語は、主としてOSの作成や組み込み系の開発に、またC++はスマホアプリやWebアプリなどの開発にそれぞれ使われています。両者の使い分けの実状を説明しましょう。

image by iStockphoto

C言語は、OSの作成や組み込み系の開発に用いられる言語です。

C言語は人工知能・ハードウェア・プログラム開発などで使われる

開発されたもので代表的なものとしてWindowsのOSを挙げることができますし、他に開発の場面でC言語が採用されているものとして、macOS XやLinuxカーネルなどもあります。

また、C言語はハードウェアの中でプログラムの制御などに使われる組み込み系ソフトウェアの開発にも用いられており、ロボットや家電製品などのプログラムにも搭載されているという活躍ぶりです。

\次のページで「C++はスマホアプリやWebアプリの開発などに使われる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: