国語言葉の意味

【慣用句】「手が届く」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「手が届く」について解説する。

端的に言えば手が届くの意味は「行き届く」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「手が届く」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「手が届く」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 55612373

それでは早速「手が届く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手が届く」の意味は?

「手が届く」には、次のような意味があります。

1.能力の範囲内にある。
2.細かいところまで配慮がなされる。行き届く。
3.もうすぐある年齢・時期に達する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)が届く」

複数意味のある慣用句です。ただ、どの意味でも聞いたことがある方が多いのではないかと思います。しっかり覚えて使い分けましょう!

「手が届く」の使い方・例文

「手が届く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あの新車にはとても手が届かない。
2.「あなたは、かゆいところに手が届く人だからありがたいわ。」
3.もう少しで還暦に手が届く。

それぞれ違う意味で例文を作りました。意味をきちんと把握していないと、文章が理解できなくなるかと思います。ここでしっかり覚えていきましょう。

\次のページで「「手が届く」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: