言葉雑学

3分でわかる天才と秀才の違い!対義語や類似語・意味や考え方の違いを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事では天才と秀才の違いについてみていきます。どちらも通常では考えられない才能の持ち主で、驚異的な功績を残しているイメージがあるよな。違いはずばり能力が先天的か後天的かですが、天才か秀才かによって考え方・言葉の意味が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんな言葉の使い方に欠かせない天才・秀才の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり天才と秀才の違いは?

image by iStockphoto

物語の中や偉人の紹介文などで、「天才」「秀才」という言葉を目にしたことはありませんか?この言葉は似ているようで少し違います。周囲から天才と呼ばれるか、秀才かと呼ばれるかで、その人物が持つ才能の方向性がわかるでしょう。はじめにざっくりと違いをご紹介します。

天才は天から授かった才能

天才は生まれ持った才能の持ち主です。天からの授かりものといってよいでしょう。遺伝的なものや突発的なものがあり、通常はなし得ない能力を知能・身体から発揮します。しかし、天才的な才能を持っていても、能力を伸ばす努力しなければ、埋もれていってしまうでしょう。

秀才は自らの努力と行動によって得た才能

秀才は後天的な才能になります。もともと備わっていたものではなく、勉強・訓練などを継続し自らで身につけた能力です。特に学業に関して、好成績を残した者に使う場合が多くあります。秀才については、誰しもがその才能を手に入れるチャンスがあるでしょう。

\次のページで「特徴1:意味の違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: