この記事ではアカシアとミモザの違いについてみていきます。どちらも可愛らしい花を咲かせ、リースやドライフラワーに使われるイメージがあるよな。違いはずばり特徴のようですが、触れたときにお辞儀するか・花の色が違うなど調べてみるといろいろあるみたいです。
今回はそんなフラワーアレンジメントに欠かせない花の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりアカシアとミモザの違いは?

image by iStockphoto

アカシアとミモザの花を見たことがありますか?ふわふわとした黄色い花が、連想できるかもしれません。どちらも可愛らしい花を咲かせる植物です。今回はアカシアとミモザの違いについてご紹介します。花や植物・フラワーアレンジメントが好きな方は必見ですよ。はじめにざっくりした違いについてお伝えしていきます。

\次のページで「アカシアはマメ科アカシア属」を解説!/

アカシアはマメ科アカシア属

アカシアはミモザとよく似ていますが、実は別の植物です。分類はマメ科アカシア属で、オーストラリア・アフリカ大陸に多く分布します。現在アカシアをミモザと呼ぶことがありますが、発端はヨーロッパに持ち込まれた際に、ミモザとよく似ていたため「ミモザアカシア」と呼んだことがはじまりです。

ミモザはマメ科オジギソウ属

続いてミモザについてですが、分類はマメ科オジギソウ属になります。原産地は同じくオーストラリアです。どちらも暖かい地域で育つ植物ということになりますね。ミモザは分類名にあるように、葉に触れるとお辞儀します。アカシアは葉に触れても動じないので、お辞儀するかどうかが見分けるポイントになりますよ。

特徴1:葉の違いは?

image by iStockphoto

ざっくり違いがわかったところで、続いては葉の違いを解説していきます。葉の形状による種類の違いや、葉の仕組みからついた名前のエピソードなどがわかりますよ。他の植物にはない特徴的な葉の魅力について、一緒に見ていきましょう。

アカシアは固くてしっかりとした葉

アカシアは固くてしっかりとした葉をつける広葉樹です。葉の形状によって種類が違い、偶数羽状複葉と単葉に分けられます。偶数羽状複葉は細かい葉が連なって生え、単葉は連なることなく1枚で生えるのが特徴です。濃い緑色しているので、花とのコントラストが美しい植物になります。

ミモザの葉は柔らかくふさふさとした葉

ミモザは柔らかく、ふさふさとした葉を生やします。ミモザの名の由来は、古代ギリシアのミモスからつけられました。ミモスとはパントマイムのもととなった、身振り劇を指します。当時の人たちは葉がお辞儀する様子を見て、ミモスのようだと喜んだのでしょう。

\次のページで「特徴2:花の色の違いは?」を解説!/

特徴2:花の色の違いは?

image by iStockphoto

続いては、花の色の違いについて見ていきましょう。似た植物ですが、実は花の色に違いがあります。アカシアかミモザか見分けるポイントは、お辞儀するかどうかと花の色です。花の色であれば、一目で違いがわかりますね。

アカシアは黄色い花を咲かせる

アカシアは黄色い花を咲かせます。ポンポンとした可愛らしい花が思い浮かびますよね。可愛らしくインテリアとして映えると、よくフラワーアレンジメントで使われる植物です。ふわふわとした花をたくさん咲かせるので、ボリューミーで華やかな見た目をしています。

ミモザはピンクの花を咲かせる

ミモザはピンクの花を咲かせますが、個体によってさまざまな濃度になります。丸みがあり綿毛のような花なので、とても可愛らしいですよ。アカシアの花との相性がよく、一緒に活けたりアレンジしたりする場合があります。

アカシア・ミモザの育て方は?

続いては育て方をご紹介します。アカシアもミモザも育て方は同じです。自宅の庭で可愛らしい花が咲いたら嬉しいですよね。育て方の流れをお伝えしますので、ぜひ実践してみてください。意外に簡単に育てられますよ。

日当たりのよい場所で育てる

風通しがよく、日当たりのよい場所に置きましょう。日光に当てると、多くの花を咲かせますよ。もともと乾燥地帯で育つ植物なので、水やりは1日おき程度で問題ありません。土は水捌けのよいものを選んでくださいね。反対に日陰で風通しがよくないと、育たなかったり害虫が付いたりするので気をつけましょう。

根が詰まってきたら植え替え

もともと根や茎が不安定な植物なので、移し替える作業は向いていません。しかし、鉢の根が詰まってきたと感じた場合は、大きいものに優しく移しましょう。このときに注意したいのは、大きすぎる鉢に変えると根だけが成長してしまうので、今までより1周りか2周り大きい鉢をおすすめします。

\次のページで「アカシアとミモザの違いは「葉」と「花」」を解説!/

アカシアとミモザの違いは「葉」と「花」

アカシアとミモザの違いは「葉」「花」にありました。アカシアは黄色い花を咲かせ、葉は触れても動じません。ミモザはピンクの花を咲かせ、葉に触れるとお辞儀します。どちらも育て方は同じで、日当たりがよく風通しのよい場所で栽培しましょう。

" /> 3分で簡単にわかるアカシアとミモザの違い!花言葉や育て方・葉や花の特徴も雑学好きライターがわかりやすく解説 – ページ 2 – Study-Z
暮らし雑学

3分で簡単にわかるアカシアとミモザの違い!花言葉や育て方・葉や花の特徴も雑学好きライターがわかりやすく解説

アカシアはマメ科アカシア属

アカシアはミモザとよく似ていますが、実は別の植物です。分類はマメ科アカシア属で、オーストラリア・アフリカ大陸に多く分布します。現在アカシアをミモザと呼ぶことがありますが、発端はヨーロッパに持ち込まれた際に、ミモザとよく似ていたため「ミモザアカシア」と呼んだことがはじまりです。

ミモザはマメ科オジギソウ属

続いてミモザについてですが、分類はマメ科オジギソウ属になります。原産地は同じくオーストラリアです。どちらも暖かい地域で育つ植物ということになりますね。ミモザは分類名にあるように、葉に触れるとお辞儀します。アカシアは葉に触れても動じないので、お辞儀するかどうかが見分けるポイントになりますよ。

特徴1:葉の違いは?

image by iStockphoto

ざっくり違いがわかったところで、続いては葉の違いを解説していきます。葉の形状による種類の違いや、葉の仕組みからついた名前のエピソードなどがわかりますよ。他の植物にはない特徴的な葉の魅力について、一緒に見ていきましょう。

アカシアは固くてしっかりとした葉

アカシアは固くてしっかりとした葉をつける広葉樹です。葉の形状によって種類が違い、偶数羽状複葉と単葉に分けられます。偶数羽状複葉は細かい葉が連なって生え、単葉は連なることなく1枚で生えるのが特徴です。濃い緑色しているので、花とのコントラストが美しい植物になります。

ミモザの葉は柔らかくふさふさとした葉

ミモザは柔らかく、ふさふさとした葉を生やします。ミモザの名の由来は、古代ギリシアのミモスからつけられました。ミモスとはパントマイムのもととなった、身振り劇を指します。当時の人たちは葉がお辞儀する様子を見て、ミモスのようだと喜んだのでしょう。

\次のページで「特徴2:花の色の違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: