国語言葉の意味

【慣用句】「目が離せない」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「目が離せない」について解説する。

端的に言えば目が離せないの意味は「見守っていなくてはならない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んだ。一緒に「目が離せない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「目が離せない(めがはなせない)」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「目が離せない」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「目が離せない」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「目が離せない」の意味は?

「目が離せない」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載が収録されています。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.いつも見守っていなくてはならない。「危なっかしくて—◦ない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「目が離せない」

「目が離せない」は、心配・面白さ・魅力から、ずっと見守っていなくてはと感じる様子を表す言葉です。子供の危なっかしい様子を見て、心配で視線を外すことができない。または魅力的なドラマなどを見て、その先の読めない展開に惹かれ、ずっと注視してしまう。「目が離せない」はこうした場面を表す言葉です。

ハラハラと心配している場面、面白さ・魅力に見入る場面と、使用される場面が複数ある点に注意していきましょう。古くから使われている表現となっていますが、現在でも書籍・新聞等の文章中、また口語においても日常的に使用されています。この機会にしっかりと意味を覚えておきましょう。

「目が離せない」の語源は?

次に「目が離せない」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「目が離せない」の語源ははっきりとしていません。語源ははっきりしていないと覚えておきましょう。1921年の佐々木邦による小説・珍太郎日記には「ネクタイを忘れて演壇に上ったり〈略〉迚(とて)も目(メ)が放(ハナ)せないのださうだ」と登場しています。

それを見守っていなくてはならない、注意・監督していなければならない。「目が離せない」はこうした意味をもって、古くから使われている表現となっています。「目が離せない」がどの程度古くから使われている表現なのかという点についても、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: