ヨーロッパの歴史ローマ帝国世界史

5分でわかる「テオドシウス1世」キリスト教を国教化?ローマ帝国の再統一したのに分裂?歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。ローマ帝国を支配した皇帝のひとり「テオドシウス1世」。キリスト教をローマ帝国の国教としたことで有名だな。それともうひとつ、ローマ帝国を再統一し、その上でまた分裂させたんだ。いったいどうしてそんなことになったんだろうな?
今回は歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に「テオドシウス1世」についてわかりやすく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。歴史のなかでも特に古代の国家や文明に大きな関心を持つ。今回はローマ帝国の皇帝のひとり「テオドシウス1世」についてまとめた。

ID: ↑パーツ内本文:120文字

1.ローマ帝国再統一へ

image by PIXTA / 12192244

ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

ヒスパニア生まれの軍人テオドシウス

今回のテーマとなる「テオドシウス1世」は、軍人の父を持つヒスパニア(現在のスペイン)生まれの軍人でした。

当時のローマ帝国は、東側と西側を血縁関係にある別の皇帝が共同統治する形で治められていました。テオドシウス1世が皇帝となったのは、378年のこと。その年に西ゴート人との間に起こったアドリアノープルの戦いで東の皇帝ウァレンスがで戦死したため、急遽軍事司令官のひとりだったテオドシウス1世が東の皇帝に指名されたでした。

皇帝となった当時は西のウァレンティニアヌス2世とグラティアヌスとの共同皇帝。この時点ではまだローマ全土をテオドシウス1世がひとりで統治したわけではありません。

ID: ↑パーツ内本文:291文字

ゴート人への反撃、問われた外交

先のアドリアノープルの戦いで大敗したローマ帝国。西ゴート人がローマ帝国内に侵入したままに。テオドシウス1世はこの状況を打破すべく、すぐに反旗を翻します。軍の再編成に治安と政治の安定化とテオドシウス1世は力を尽くしますが、しかし、西ゴート人もそう簡単に出て行くわけがありません。問題はすぐには解決しませんでした。

武力行使だけではダメだと判断したテオドシウス1世は、そこで西ゴート人と和解をはかることにします。そうして、382年。テオドシウス1世は西ゴート人との間に同盟条約を締結することに成功。西ゴート人はドナウ川からバルカン半島に定住の地と彼ら独自の王の戴冠を認められる代わりに、ローマ帝国に軍事的援助を行う義務を負うことになったのです。

ID: ↑パーツ内本文:321文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco