雑学食べ物・飲み物

ブドウ糖と砂糖の違いは?どっちの方がカロリー高い?太りやすさについてや摂取する効果についてを雑学大好き現役大学生が解説

ブドウ糖は「単糖類」、砂糖は「二糖類」!違いは糖の種類にあり!

image by iStockphoto

上記で炭水化物の種類を確認してきましたが、結論をいうとブドウ糖は「単糖類」、砂糖は「二糖類」に部類される糖で、その違いは糖の種類にありました。以下よりそれぞれもう少し詳しく解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:95文字

ブドウ糖は別名「グルコース」

まずブドウ糖についてですが、上でも解説した様に単糖に部類される糖で別名「グルコース」と呼ばれています。そんなブドウ糖は自然界でもっとも多く存在する単糖類であり、人間の脳がエネルギーとして唯一利用できる物質で、人間にとって欠かせない栄養素です。

ID: ↑パーツ内本文:121文字

砂糖の主成分は二糖類である「ショ糖」

一方で砂糖は二糖類であるショ糖(別名:スクロース)を主成分とするもので、ショ糖は単糖であるブドウ糖と果糖が結合したものになります。砂糖は製品名であり、ショ糖はその成分名として覚えると区別しやすいですよ。

ID: ↑パーツ内本文:101文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

まとめると、ブドウ糖は単糖に部類される糖で、砂糖はそのブドウ糖と果糖が結合したショ糖を主成分とするものになるぞ。

ID: ↑パーツ内本文:56文字

ブドウ糖と砂糖はどっちが太りやすい?

結論、太りやすさに差はありません。ですが、両者はともに私たち人間にとってのエネルギー源である糖質です。そのため糖質を過剰に摂取すれば太りやすい体質になってしまう上、生活習慣病のリスクが高まってしまうのも事実。注意して摂取する必要があります。

ID: ↑パーツ内本文:120文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

太りやすさでいえばその差はないブドウ糖と砂糖ですが、体への吸収・エネルギー源となる早さは多少異なるぞ。以下よりその違いについて見ていこう。

ID: ↑パーツ内本文:69文字
次のページを読む
1 2 3
Share: