言葉雑学

itとthatの違いはどこを指しているかにあり?itとthatの意味と使い方の違い、thisとの違いも雑学好きが徹底的に調べてみた

thisとはどう違う?

image by iStockphoto

thatと比較すると近い方が「this」、遠い方が「that」なので区別はつきやすいのではないでしょうか。すぐ手に届く範囲がthis、指を指して「あれ」というくらいの距離感がthatです。それから目の前で起きた出来事を話すときや個人の感情なども反映します。例えば、

ID: ↑パーツ内本文:132文字

・This is so sad for me.
→目の前にある残念な事態について表現

・That(It) is so sad for me.
→実際には目にしていない、間接的な内容について表現

好きであること・親身であるイメージには「this」

・I like this skirt.(このスカートを気に入りました)

・This is very delicious.(これはすごく美味しいです)

嫌いなこと・あまり知らなかったイメージには「that」

・That guy looks like a con man.(あの男は詐欺師みたいです)

・That’s a great idea! (それは素晴らしいアイデアです!)

 

(出典:Aloha英会話 https://www.alohaenglish.jp/)

ID: ↑パーツ内本文:389文字

このような感じで物理的な距離だけでなく、心理的な距離が近いときにもthisという表現になるんですね。

ID: ↑パーツ内本文:50文字

itとthatの違いを知って使い分けよう

似たような意味で使い分けがややこしく感じるかもしれません。itもthatも、海外映画やドラマでも使われるので、会話をチェックして使い方のコツを学ぶのも良いと思います。itもthatも、そしてthisも、スムーズに使い分けられるようになりたいですよね。少しでも使い分けのヒントになることができれば幸いです。

ID: ↑パーツ内本文:152文字
1 2 3 4
Share:
chikin007