言葉雑学

itとthatの違いはどこを指しているかにあり?itとthatの意味と使い方の違い、thisとの違いも雑学好きが徹底的に調べてみた

よぉ、桜木健二だ。この記事では代名詞のitとthatの違いについてみていくぞ。2つともどちらも和訳すると「それ」という意味があるよな。違いはずばり文章のどこを指しているかのようだが、使い方の違いもいろいろとあるみたいだ。
今回は似た意味を持つ2つの代名詞の違いを、thisとの違いも合わせて雑学好きなライター食いしん坊主婦と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
chikin007

ライター/食いしん坊主婦

食べることと調べることが大好き。気になった物事はついつい調べてしまうが忘れっぽいのが難点。

ID: ↑パーツ内本文:45文字

itとhatの違いは文章のどこを指しているかにあり!?

image by iStockphoto

itとthat、どちらを使えばいいか迷う時ってありますよね。どちらも「それ」という意味ではありますが、微妙に違いがあるんです。特に混同しやすいのは、先に出た文章の内容に対して指すときではないでしょうか。「I like〇〇.」に対して私もそれが好き」という際に、「I like△too.」△に入るのはitなのかthatなのか、悩む人も少なくないはず。実は違いは文章のどこを指しているかにあるんです。

ID: ↑パーツ内本文:198文字

文章内の一部を指しているit

基本的にitは文章内の一部を指しています。これはどういうことかとitが使われる前の文章、上記でいうと「I like〇〇.」の部分。この文章に出てきた一部を指しており、言葉の繰り返しを避けるために使用されるということ。分かりやすく、例文を引用させていただくとこのような感じです。

ID: ↑パーツ内本文:138文字

Aさん:I like surfing.(私はサーフィンが好きです。)

Bさん:I like it too.(私もサーフィンが好きです)

※ここでのitは「サーフィン」を指している。

(出典:E.T.web https://u-ful.com/)

ID: ↑パーツ内本文:130文字

このように、「it」はサーフィンという具体的な一部を指していることが分かりますよね。

ID: ↑パーツ内本文:42文字

文章全体を指しているthat

一方、Thatは一部ではなく文章全体のことを指すときに使います。こちらも例文を見た方が分かりやすいので早速例文を引用させていただきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:70文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
chikin007