IT・プログラミング雑学

MP3とMP4の違いは?音質はどちらがいい?変換や結合はどうするの?詳しい使い分けなどを雑学好きライターが解説

MP3とMP4の音質は単純には比較できない

MP3もMP4も「再生機器で再生すると音が出る」ものなので、「音質はどちらがいいのか」と考えがちです。しかしMP3は音楽データそのものなのに対し、MP4は音声と映像のデータが入っている「箱」なので、両者の音質を比較するのはあまり意味がないとも言えるでしょう。

どうしても音質を比べたい場合は、MP4ファイルの拡張子である「.mp4」を「.m4a」に手作業で書き換えれば、MP4はM4Aという音声データのみのファイル形式になりますのでMP3との比較が可能になります。この形で両者を比較すると、音質がいいのはM4Aの方です。

ID: ↑パーツ内本文:261文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

MP3は単一の音楽データファイルだが、MP4は音楽データと画像データが一緒になった「箱」のようなものだと分かった。最初に、両者が似て非なるものだと述べた理由がこれで分かっただろう。音質的には、MP4に収納されている音声データの方がやや良いみたいだな。

ID: ↑パーツ内本文:125文字

MP3とMP4は変換できる?

MP3とMP4は、相互に変換することができます。WindowsとMacいずれの場合でも、標準で搭載されているWindows Media PlayerとiTunesを使うことで簡単に処理することができるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:105文字

MP3をMP4に変換する方法

WindowsでMP3をMP4に変換する方法で、最も簡単なのは、標準搭載されているWindows Media Playerを使うものです。最初にWindows Media Playerを起動して上部の「ファイル」を開きますが、見当たらない場合は「整理」「レイアウト」「メニューバーの表示」をクリックして下さい。

「ファイル」「開く」の順にクリックして、変換したいMP3ファイルを選択しましょう。すると自動的にファイルが読み込まれ、音声データが再生されます。

次に「ファイル」「名前を付けて保存」の順にクリックして保存ウィンドウが表示されたら、ファイルの拡張子を「.mp3」と表示されている部分を「.mp4」に手書きで書き換えて下さい。最後に「保存」を押せば終了です。

MacでMP3ファイルをMP4に変換するなら、iTunesを使いましょう。iTunesを開いたら、左上のメニューで「iTunes」「動作環境」の順にクリックして下さい。そして「一般」タブで「インポート設定」ボタンをクリックし、表示された設定画面で変換フォーマットを「MP4」にして「OK」をクリックします。

次に、ライブラリでMP3ファイルを選択して、左上のメニューで「ファイル」「新しいバージョンを作成」の順にクリックすれば終了です。

ID: ↑パーツ内本文:556文字

MP4をMP3に変換する方法

WindowsでMP4をMP3に変換したい場合も、Windows Media Playerを使うことで簡単にできます。「整理」「オプション」「音楽の取り込み」タブを選択し、出力形式を「MP3」と選択し、「変換」をクリックすれば完了です。

MacでMP4をMP3に変換する場合も、iTunesを使いましょう。「変換」という機能があるわけではなく、「インポート機能」を利用することになります。

まず「編集|環境設定」メニューを選択し、「環境設定」画面が表示されたら、「CDをセットしたときの動作」の右にある「インポート設定」をクリックして下さい。そして「インポート設定」画面の「インポート方法」一覧から「MP3エンコーダ」を選びましょう。

次に「OK」ボタンをクリックして「インポート設定」画面を閉じ、同じく「OK」ボタンをクリックして「環境設定」画面を閉じます。そしてキーボードのSHIFTキーを押しながらiTuneの「ファイル|変換|MP3に変換中」メニューを選択して下さい。

次の「開く」画面で、変換したい動画ファイルの場所を選択しましょう。すると変換がはじまり、MP4の動画ファイルがMP3形式に変換・保存されます。

ID: ↑パーツ内本文:514文字

MP3とMP4は結合できる?

動画の本格的な編集を行っていると、例えば画面に合わせて解説を加えたりBGMを流したりするなど、音声データと動画データを結合したいことがあるでしょう。こうした場合に結合処理ができる動画編集ツールはたくさんあります。

以下では、WindowsとMacそれぞれで、できるだけ簡単にMP3とMP4を結合する方法をご紹介しましょう。

ID: ↑パーツ内本文:162文字

image by iStockphoto

ID: ↑パーツ内本文:0文字

MP3の音声をMP4の画像に結合するのは簡単

初めに、WindowsでMP3の音声とMP4の動画を結合する方法を説明します。まず「Windowsムービーメーカー」を起動して「ビデオ及び写真の追加」をクリックし、開いたウィンドウからMP4ファイルを選択・追加しましょう。

次に「音楽の追加」と書かれたボタンをクリックして、結合させたいMP3ファイルを追加します。追加するのは必ずMP4→MP3の順ですので注意して下さい。そして必要に応じて動画と音声を編集し、最後に「ムービーの保存」をクリックして動画を出力すれば完了です。

次に、MacでMP3の音声とMP4の動画を結合する方法ですが、ここではApple社が開発した初心者向け動画編集ソフト「iMovie」によるやり方をご紹介します。

やり方は非常に簡単で、まず結合したいMP4とMPの3ファイルをそれぞれ「マイメディア」に追加して、タイムラインにドラッグして下さい。そして書き出しアイコンをクリックして、「ファイル」を選択して動画を出力すれば完了です。

ID: ↑パーツ内本文:436文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

MP3もMP4も、どちらも相互に変換できることが分かった。これなら、音楽のダウンロード時に保存形式を間違えたとしても簡単に変換できるな。ただしWindowsの場合、OSのバージョンによってはWindows Media Playerによる変換ができないこともあるようだから、その場合は別のソフトをダウンロードして変換するしかないだろう。

また、MP3とMP4は結合することも可能だ。だからこそ今はアマチュアでも解説やBGMつきの動画を手作りすることができるんだ。

ID: ↑パーツ内本文:231文字

MP3とMP4は場合によって使い分ける

MP3はあくまでも音声データで、MP4は音声データと画像データを一緒に保存しているものです。そしてMP4は、大抵のプレーヤーで音声だけでも再生できます。

よって、例えば両者が同じフォルダに「音楽データ」のつもりで一緒くたにして保存されており、音楽再生専用のプレーヤーでまとめて再生されたとしても、MP4の方は問題なく音声部分だけ再生されるでしょう。

つまり、音声のみ再生するのであれば、両者の違いを意識する必要はありません。

しかしMP4はMP3に比べて重いという難点があるため、画像データが必要ないなら、MP4ではなくMP3形式で保存することも検討しましょう。画像データが省かれることでデータが軽くなり、ストレスなく保管できるからです。

ID: ↑パーツ内本文:322文字

MP3は音声だけが必要な場合に使う

MP3は音声データのみで、MP4は音声データと画像データの2つが合わさったものです。よってMP4の方がどうしても重くなりがちなので、画像は必要ないという場合は、データをMP3形式で保存しておくのがいいでしょう。扱うデータが重いと、保管場所の容量が不足したりバッテリーが減りやすくなったりします。

ただし、これはMP3の唯一の難点と言えますが、Youtubeなどにアップロードする場合はMP3は対応していないので、MP4に変換しなければなりません。

ID: ↑パーツ内本文:224文字

image by iStockphoto

ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
ies1_141f