IT・プログラミング雑学

MP3とMP4の違いは?音質はどちらがいい?変換や結合はどうするの?詳しい使い分けなどを雑学好きライターが解説

よぉ、桜木健二だ。今回は音声データのMP3と、動画の保存形式であるMP4について説明するぞ。どちらのデータ形式も、パソコンやタブレット端末などで音楽や動画のデータを扱ったことがあるなら見覚えがあると思うが、音楽を聴くだけなら特に違いを意識しなくても使えることが多い。だが実は両者は似て非なるもので、違いを知っておけばメリットを生かすこともできる。雑学好きライター・ねぼけねこと一緒に解説していくぞ。

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
ies1_141f

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、IT・プログラミング分野の歴史にも詳しい。

ID: ↑パーツ内本文:56文字

MP3とMP4の違いをざっくり解説

最初に、MP3とMP4の大まかな違いを説明します。どちらも、音声データなどを「圧縮」して軽くし、扱いやすくしたものという意味では同じです。しかしそもそも両者は全く違うもので、MP3が「音声データを圧縮したもの」なのに対し、MP4は「音声データと画像データを入れておく箱」だと言えます。

ID: ↑パーツ内本文:142文字

MP3:音声データ用のファイル形式

MP3は、音楽などの音声データの規格の一種です。音声データはそのままではとても重く、再生機器やデータを保存しておく場所に負担をかけます。そこで「圧縮」という処理をほどこしてサイズを小さくし、「MP3」の形式にするのです。

MP3ならもとの音声データよりもサイズが小さいので、複数のデータを保存しておいたり持ち歩いたりするのに適しています。

ID: ↑パーツ内本文:170文字

MP4:動画データ用のファイル形式

MP3が「音声データ」のための規格であるのに対し、MP4は「動画データ」のための規格です。もう少し厳密に言えば、MP4は「箱」のようなもので、その中に映像のデータと音声データがそれぞれ入っています。映像と音声が合わさることで、「動画」ができあがるんですね。

もともとのデータが重いので、「圧縮」をすることで扱いやすくしたものという意味では、MP3と同じです。ただMP3はあくまでも「音声データを圧縮したもの」ですが、MP4はそれに映像データがプラスされて「箱」として一緒に収納されている形なので、データとしては少し重くなっています。

名前は似ていますし、再生機器で再生するという点は同じなのです。しかし圧縮された音声データのMP3と、音声データと映像データを収納しておく「箱」としてのMP4は、まったく違うものとも言えるでしょう。ちなみにMP4の中に保管される音声データはMP3ではなく、「m4a」という規格になります。

ID: ↑パーツ内本文:412文字

MP3とMP4はどっちが音質がいい?

MP3とMP4は、どちらの方が音質がいいのでしょうか。MP3は音楽データそのものなのに対し、MP4は音楽データと画像データを入れておく「箱」です。このように両者は全く違うものなので、単純な比較はできません。

ID: ↑パーツ内本文:103文字

image by iStockphoto

ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
ies1_141f