雑学食べ物・飲み物

3分でわかるミキサーとフードプロセッサーの違い!スムージーや離乳食を作るにはどっちが最適?特徴や使い方を

フードプロセッサーの使い方と適した料理

フードプロセッサーは主に、固体を切ったり混ぜたりする目的で使われる調理道具です。液体に対応していない製品も多くあり、基本的には固体だけを入れて回します。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

適した料理
・離乳食
・介護職
・ハンバーグやサラダの下ごしらえ
・パンの生地作り など

ID: ↑パーツ内本文:40文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

スムージーなど液体を作りたいときはミキサーを、少し食材の形が残るように作りたい離乳食などにはフードプロセッサーがおすすめということだ。また、フードプロセッサーの方が色々な場面で使えるようだぞ。

ID: ↑パーツ内本文:96文字

ミキサーとフードプロセッサーはそれぞれ代用できる?

ミキサーとフードプロセッサーはどちらも便利な調理器具です。しかし、両方とも購入するとなるとお金や置く場所に関する問題が発生することも。どちらか1台で済むなら、それに越したことはないですよね!代用できるのかどうかをチェックしてみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:118文字

食材を細かくするという目的では代用可能

ミキサーとフードプロセッサーは、食材を細かくするという目的であれば代用可能です。みじん切りをする為に使うのであればどちらも使えます。

ただ、ミキサーは固体だけでなく水分を入れる必要があるので、切った後の水切りなどが面倒な工程になってしまう可能性も。ミキサーを回しすぎると液体化してしまうので注意も必要です。

また、スムージーなどを作る場合は代用が難しいこともあります。フードプロセッサーはそもそも液体に対応していない製品も多いので、使う前に必ずチェックしてみてください。仕上がりもミキサーのようになめらかにならず、食材の形が残ることが多いです。

ID: ↑パーツ内本文:274文字

似ている調理器具のブレンダー・ジューサー・ミルサーとの違いは?

image by iStockphoto

ミキサーとフードプロセッサーの他に、ブレンダー・ジューサー・ミルサー(ミル)など似たような調理器具があります。それぞれの特徴をみて、ミキサーやフードプロセッサーと違う点を調べてみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:94文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tajiaco000