雑学食べ物・飲み物

3分でわかるミキサーとフードプロセッサーの違い!スムージーや離乳食を作るにはどっちが最適?特徴や使い方を

ミキサーの特徴

まずは食材を液状にするのが得意なミキサー。カッターの形などからチェックしてみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:43文字

(1)カッターの形
・平刃:包丁のような平らなカッター
・波刃:切る部分がなみなみしたカッター
・ギザ刃:ノコギリのようなギザギザが特徴的なカッター
基本的な刃の形は上記の3種。
平刃は柔らかめな食材を切ったり混ぜるのにぴったり。波刃やギザ刃は、氷などの硬めな食材にも対応。

(2)カッターの回転
・高速で回転して、固体を切りながら水分とかき混ぜる。

(3)デメリット
・カッターの交換や取り外しができない製品も多い。
・アタッチメントの種類が少なく、用途が限られる。

ID: ↑パーツ内本文:228文字

ミキサーの使い方と適した料理

ミキサーは主に、食材を小さくしながら水分とかき混ぜて液状にする目的で使われる調理道具です。使う時に、固体だけでなく水分を入れる必要があります。

ID: ↑パーツ内本文:71文字

適した料理
・スープ
・ポタージュ
・スムージー など

ID: ↑パーツ内本文:24文字

フードプロセッサーの特徴

フードプロセッサーは食材を細かく切ることが得意な調理道具。アタッチメントが豊富で、カッターの種類も様々です。

ID: ↑パーツ内本文:54文字

(1)カッターの形
・ナイフカッター:切ったり混ぜたりできる波型のカッター
・おろし&とろろカッター:粘り気のあるものを刻める円形のカッター
・鬼おろしカッター:食材をおろすための穴が空いた円形のカッター
・スライス&せん切りカッター:食材を細く(または薄く)切るための円形カッター
製品などによって形などの作りが変わる場合もあるが、カッターの種類が豊富。カッター以外にパン・うどん・パスタの生地をこねることができる羽根つきのアタッチメントがついてる製品も。

(2)カッターの回転
・ミキサーに比べて低速で回転。液体化せず固体が残る。

(3)デメリット
・大きめサイズが多く、場所をとる。

ID: ↑パーツ内本文:289文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tajiaco000