IT・プログラミング雑学

MOVとMP4はどう違うの?その特徴や使い分け、変換方法や生まれた経緯などを雑学好きライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回は動画形式の一種であるMOVとMP4について説明するぞ。動画データを扱ったことがある人なら、どちらも一度は目にしたことがあるだろう。ではそもそも「動画形式」とはどういう意味で、MOVとMP4にはどういう違いがあるのだろうか。ほとんどの場合、両者の違いを意識せずとも動画の再生はできるが、これらを知っておくとさらに理解が深まるぞ。雑学好きのWebライター・ねぼけねこと一緒に見ていくことにしよう。

解説/桜木建二

ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ねぼけねこ

法学部出身。某大組織での文書作成・広報部門での業務に10年以上従事し、IT・プログラミング分野の歴史にも詳しい。

MOVとMP4は動画形式の一種

MOVもMP4も「動画形式」の一種です。動画形式というのは動画データを入れておくための「型」「箱」「容器」のようなもので、似たような言葉に「動画フォーマット」「コンテナ」「動画コーデック」というのもあります。以下でもう少し詳しく説明しましょう。

動画形式とは?

MOVもMP4も「動画形式」の一種です。では動画形式とはなんでしょうか? それは、撮影した動画を保存する時に選ばれる「型」あるは「箱」のようなもので、「動画フォーマット」や「コンテナ」とも呼ばれています。

この「型・箱」の種類もさまざまです。旧式のもの、最新のもの、軽いもの、重いもの、音声のみ対応しているもの、動画も対応しているもの……。よってそれぞれの形式に対応したプレイヤーを使わないと、その動画を再生することはできません。

ちなみに似た言葉で「動画コーデック」があります。これは動画データそのものの画質やデータ量に関わる処理(圧縮処理)の規格で、この処理を受けた動画データが、「箱」としての動画形式の中に入れられると考えるといいでしょう。

MOVとMP4の違いをざっくり解説

image by iStockphoto

まずは、MOVとMP4の大まかな違いを説明します。簡単にまとめると、MOVは先に作られた動画形式でApple製品ユーザー向けです。一方のMP4はMOVの後で開発されたもので、Apple製品を含めてほとんどのプレイヤーで再生可能。より一般的な動画形式と言えます。

以下で、両者の特徴をさらに詳しく説明しましょう。

MOV:Appleの標準動画形式

MOVはApple社でMP4よりも先に作られた動画形式で、Apple製品との相性の良さは抜群です。特にMacについて言えば、MOVはQuicktime標準動画形式なので、MacOS上で動画データを編集するのであれば断然MOVファイルが向いていると言えるでしょう。

逆に、MOVはWindowsとの相性がよくありません。Windowsの古い型などの場合、 MOVファイルが開けないこともあるので注意が必要です。

MP4:MOVから派生した最も一般的な動画形式

MP4は、現在、業界で最も多く使われている一般的な動画形式と言えるでしょう。MOVをさらに洗練させた形で開発され、映像データをはじめ音声や字幕、3Dデータまで何でも格納できるという特長があります。

大抵の動画プレイヤーに対応しているので、動画データを「なんの形式で保存したらいいか分からない」という素人の疑問にも「とりあえずMP4で保存すれば問題なし」と言える、大変便利な形式です。

\次のページで「MOVとMP4は変換することはできる?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: