生き物・植物雑学

3分でわかる曼珠沙華と彼岸花の違い!読み方や印象的な見た目・花言葉や育て方の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では曼珠沙華と彼岸花の違いについてみていくぞ。どちらも、公園やあぜ道で見かけたり墓地で見かけたりするイメージがあるよな。違いはずばり名前のようだが、呼び方によって由来や花言葉が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。

今回はそんなお彼岸の時期に欠かせない花の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり曼珠沙華と彼岸花の違いは?

image by iStockphoto

お彼岸の時期に咲く彼岸花は鮮やかな赤色で、どこか切なく儚い姿に見える花です。そんな彼岸花に実は別名があることをご存知でしょうか。「曼珠沙華」といいますが、知らない方が多いと思います。なぜ読み方が違うのか、意味があるのかなど、気になる疑問を解決していきましょう。はじめにざっくり、曼珠沙華と彼岸花の違いについてご紹介します。

彼岸花の別名は「曼珠沙華」

彼岸花の別名は「曼珠沙華」です。サンスクリット語の「manjusaka」から名付けられました。他にも学名である「リコリス・ラジター」と呼ばれることもあります。リコリスはギリシャ神話の女神である、リュコーリアスから名付けられました。

「彼岸花」が一般的に知られている

彼岸花は夏の終わりから秋にかけて、道端や川周辺などに花を咲かせる植物です。日本では彼岸花が一般的に知られていますが、実際は曼珠沙華も同じ花となります。彼岸花が和名・曼珠沙華は別名・リコリスは学名という違いなだけです。

「彼岸花の生体」

・ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草
・別名:曼珠沙華
・学名:リコリス・ラジアータ
・原産地:中国大陸
・日本の分布は北海道/東北地方を除く全国

特徴1:曼珠沙華と彼岸花の読み方は?

曼珠沙華と彼岸花の違いについて、ざっくり知っていただけたと思います。ここからはより詳しく、曼珠沙華と彼岸花について追っていきますね。この章では読み方についての解説です。「なぜその呼び方になったか」という由来についても知っていただけます。

\次のページで「曼珠沙華:マンジュシャゲ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: