IT・プログラミング雑学

ZoomとSkypeの違いを比較!Web会議や飲み会ではどっちが良い?画質・音質・セキュリティについてWebディレクターが解説!

Zoomを使うメリット

image by iStockphoto

Skypeと比較して、Zoomを利用するメリットにはどのような点があるのでしょうか。

大きなポイントとして、「手軽さ」と「安定性」が挙げられます。

ID: ↑パーツ内本文:74文字

登録不要で手軽に参加できる

Zoomで会議を作成し開催するためには、アカウント登録が必須となっています。しかし、主催者であるホストに招待された参加者は、ユーザー登録などを行わなくても、参加が可能です。

参加者は、主催者から送信されてきたURLをクリックすればすぐルームに入室できます。また、Zoomでは自動的に最適なマイクやカメラを選択し設定を行ってくれるため、接続のために時間を取られることもめったにありません。

ID: ↑パーツ内本文:194文字

大人数でも安定して利用できる

ここまでも説明した通り、Zoomは大人数での会議などを想定し作られています。参加可能人数は、無料のプランでは最大100名、有料プランではなんと最大1000名!同時接続人数が多いことが原因で動作が不安定になることもほとんどありません。

Skypeでは参加可能な定員が50名で、人数によって接続が不安定になる可能性があることを考慮すると、大人数での会議にはZoomがおすすめと言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:195文字

Skypeを使うメリット

それでは、一方でSkypeを利用する際のメリットについてもみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:38文字

通話外でもチャットが利用できる

Skypeでは、通話をしていない時でもメッセージのやりとりを行うことができます。テキストだけではなく、ファイルの共有も可能です。

Zoomではビデオ会議中のチャットが利用できますが、一度会議を終了してしまうと、メールなど別の方法を使わないと通話相手とコミュニケーションを取ることができません。

事前のリマインドや終わった後の補足や資料送付、「今から通話しない?」といった気軽なやりとりを行いやすいという点は、Skypeの大きな強みのひとつです。

ID: ↑パーツ内本文:224文字

無料でも時間制限なし

Skypeでは、全てのユーザーがほぼ時間の制限なく通話をすることが可能です。

Zoomは、無料プランで3人以上参加の会議を行う場合、40分の時間制限があり、制限を超えると自動で会議が終了してしまいます。制限なく会議を行うには、月額料金を支払い有料プランとの契約が必要です。

一方のSkypeは、ビデオ通話1か月100時間、1日10時間という制限はあるものの、Zoomの制限よりもはるかに長時間であるため、普段利用する際に時間を気にする必要はほとんどないでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:233文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
1e14c017