生物雑学

3分でわかるクジラとイルカの違い!特性や境目・仲間の群れや子ども教育の違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではクジラとイルカの違いについてみていくぞ。どちらも海で過ごしたり、哺乳類のイメージがあるよな。違いはずばり大きさのようだが、獲物や食事量・群れのつくり方が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。

今回はそんな海洋生物に欠かせないクジラとイルカの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライター熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりクジラとイルカの違いは?

image by iStockphoto

クジラとイルカは同じ海の哺乳類生物です。肺で呼吸するという共通点を持ちます。見た目の違いでは、大きさ表情などがありますが、他にも違いはあるのでしょうか。はじめにざっくりと、クジラとイルカの違いについて解説していきます。

全長が4メートルより大きければ「クジラ」

クジラといえば海で一番大きい生物で、イルカは小型~中型サイズの生物というイメージがあります。この2つの生物の違いはなんと、イメージ通りの大きさだけなのです。約4メートル以上のサイズはクジラと決められ、基準は曖昧になります。

全長が4メートルより小さければ「イルカ」

クジラの定義は「4メートル以上」ですが、イルカも同じ基準で「4メートル以下」という定義です。先述のとおり定義が曖昧なので、個人や地域によっても基準が違います。イルカは見た目だけでは可愛らしい表情で、軽やかにジャンプするという印象がありますね。

特徴1:クジラとイルカの特性の違いは?

image by iStockphoto

ざっくりクジラとイルカの違いがわかりました。違いは大きさということでしたが、定義は曖昧です。もしかしたら、他にも特徴に違いがあるのかもしれません。体のつくりや属性の違いなど、ここからは詳しく特性について追っていきます。

クジラ:哺乳類のクジラ目

クジラは哺乳類のクジラ目で、形態はハクジラとヒゲクジラに大別されます。前肢が魚の胸びれのような形に変化した体のつくりです。爪も存在しません。体が大きく、海で出くわすと大迫力です。呼吸や食事の際は、海から顔を出します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kuma55