雑学食べ物・飲み物

天ぷら粉と小麦粉の違いとは?天ぷらがベタついてしまうのには理由があった!混同しやすい片栗粉との違いもあわせて雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「天ぷら粉 小麦粉」の違いについて解説していくぞ。和食の代表例とも言われる天ぷら。その衣作りとして使用される天ぷら粉だが、小麦粉との違いをみんなは知っているか?この記事ではそんな天ぷら粉と小麦粉の違いをはじめ、天ぷら作りのコツや混同しやすい片栗粉との違いを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

天ぷら粉と小麦粉の違いはタンパク質の含有量にあり!

image by iStockphoto

天ぷらを作る際に使用される専用の粉「天ぷら粉」。小麦粉で作る際の衣とどのような違いがあるのか、またその粉の配合はどのように違うのでしょうか。早速結論を申しますと、その違いはタンパク質の含有量にあります。以下よりその違いを詳しく見ていきましょう。

タンパク質量が少ない方が天ぷらはカラッと揚がる!

まず前提として天ぷらをカラッと揚げるコツというのは、衣にどれだけタンパク質が含有しているかに依存してきます。というのも天ぷらをカラッと揚げるためには衣の中にある水分をできるだけ飛ばす必要があるのです。つまりタンパク質が含有しているとその水分が抜けづらくなってしまうのでベタついた仕上がりとなってしまいます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

小麦粉は水と混ぜる際にグルテンというタンパク質を発生させる性質があるぞ。うどんやピザのようなもちもちとした食感が必要なものはあえてグルテンを生み出すような作り方をするが、天ぷらは逆にグルテンを作らせないのが調理のコツになるんだ。

天ぷら粉はでん粉や卵粉が配合されている!

では天ぷら粉とはどういうものなのか見ていきましょう。天ぷら粉は、端的にいうと薄力粉にでん粉や卵粉が配合されている粉で、様々な粉を配合することで総体的にそのタンパク含有量を落としている粉になります。つまり水を配合した際にグルテンの発生が抑えられ、よりカラッと揚がるように仕上げられているのです。

小麦粉を使用する際は薄力粉を使用しよう!

もちろんご家庭に天ぷら粉が常備しているわけではないと思われます。そんな時は小麦粉を使用して代用することはもちろん可能です。ですが、小麦粉には薄力粉や中力粉、強力粉と種類があり、それらはグルテン(タンパク質)量によって分類されています。天ぷらの衣として使用する際は、一番グルテン量の少ない薄力粉を使用しましょう。

\次のページで「天ぷら粉・小麦粉を使用した際の天ぷらのレシピの違いとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: