英語雑学

mustとhave toの違いは強制力の違いにあり!現在形以外で使えるか使えないか、否定形にした場合・shouldとの違いについても雑学好きが徹底的に調べてみた

よぉ、桜木健二だ。この記事では英単語のmustとhave toの違いについてみていくぞ。2つともどちらも和訳すると「~しなければならない」という意味になるよな。違いはずばり強制力の違いのようだが、現在形以外でも使えるか・使えないかの違いもあるみたいだ。
今回はそんなよく似た意味を持つ英語の表現を、それぞれを否定形にした時の意味の違いやshouldとの違いも含めて、雑学好きなライター食いしん坊主婦と一緒にみていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
chikin007

ライター/食いしん坊主婦

英語ペラペラになりたいと思いつつ早数年。過去に数回海外へ行くもカタコトで終了。英語はなかなか上達しないが言葉の違いは好物なのでついつい調べてしまう。

ID: ↑パーツ内本文:74文字

mustとhave toの違いは強制力の違いにあった!

image by iStockphoto

mustもhave toも和訳すると「~しなければならない」という意味ですが、同じような意味合いでもニュアンスに違いがあります。mustの方が強制力が強くhave toの方が強制力が弱いイメージです。では、それぞれの持つ意味・ニュアンスについてみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:132文字

mustは強制力が強く指示・命令のニュアンス

主語+must+動詞の原形で「〜しなければならない」という表現になりますが、mustの「しなければならない」は強制力が強く、強い指示などを表す場合に使われることが多いです。主語が “I” の場合、「私は~しなければならない!」という主観的な強い決意の表れになりますが、主語が “You” になると「あなたは~しなければならない!」と命令をしているようなニュアンスになります。相手の意志を無視したような強い表現で、相手に反感を持たれかねないので使い方には注意したいところですね。

ID: ↑パーツ内本文:262文字

have toはmustほど強制的ではなく、義務的なもの

一方have toも、主語+have to+動詞の原形で「~しなければならない」という意味を持ちます。ですが、have toの場合はmustほど強制的ではなく義務的なもので「~せざるを得ない」といったニュアンスの方が強いです。例えばテストが近いから勉強しなければならない(せざるを得ない)」と言った感じでしょうか。外部的な要因が加わっているとも言えますね。以下、例文になります。mustと合わせて比較してみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:208文字

・You must study harder! Or I will not buy you anything anymore!

(もっと勉強しなさい!じゃないと、もう何も買ってあげないよ!)

You have to study harder. The exam is next week.

(もっと勉強しないと。テストは来週だよ。)

I must clean my room today. It’s really messy!

(今日は部屋の掃除をしなくちゃ。本当に散らかってるの!)

I have to clean my room today. My friend is staying over tonight.

(今日は部屋の掃除をしないといけないんだ。友達が泊まりにくるから。)

(出典:ネイティブキャンプ英会話ブログ https://nativecamp.net/blog/)

ID: ↑パーツ内本文:404文字

このように見ていただくと、ニュアンスの違いがなんとなくお分かりいただけるかと思います。先ほどもお伝えしたようにmustだと強い指示・強い決意の表れ、have toだと外部的な要素つまり状況的にそうせざるを得ないといったことが表れていますね。

ID: ↑パーツ内本文:120文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
chikin007