文化・歴史雑学

3分でわかる日蓮宗と日蓮正宗の違い!仏教の宗派や修行・結婚式や葬儀の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

【世界三大荒行といわれる修行】

・日蓮宗 百日大荒行
⇒あまりの厳しさから、百日大荒行と呼ばれている
寒中での水行/食事制限/睡眠制限など
・天台宗 千日回峰行
・インドのヨーガ

日蓮宗と日蓮正宗の結婚式の違い

image by iStockphoto

日蓮宗と日蓮正宗の違いや決まりは、思想や修行以外に冠婚葬祭があります。招待され何気なく足を運んでいた式は、実はどちらかの宗派であったかもしれません。この章では、それぞれの結婚式の開き方の違いについて紹介していきます。

日蓮宗:仏前結婚式

日蓮宗は仏前結婚式で、厳かで伝統的な和装婚式となります。仏前結婚式ですることは、2人が結ばれた「縁」を仏様とご先祖様に奉告し、末永く添い遂げる誓いです。よく結婚式で見かける指輪交換ですが、仏前結婚式の場合、念珠の授与だったり同じく指輪の交換だったりします。

日蓮正宗:寺院御宝前において執行する

日蓮正宗の結婚式は、寺院御宝前においての執行です。式ではいくつかの作法を行い、夫婦が末長く契りを結ぶことを御本尊に誓います。この作法には教えを子から孫へ受け継ぐという、目的が込められているのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日蓮正宗では、厳格に正しく冠婚葬祭を行うことが重要とされている。ただし、地域により作法に多少違いがあることも。所属している寺院に、事前に相談するのが良いだろう。参列の予定がある場合は、葬儀・結婚式のマナーをあらかじめ知っておこう!

日蓮宗と日蓮正宗の葬儀の違い

日蓮宗と日蓮正宗の結婚式の違いをご紹介してきましたが、結婚式に違いがあれば葬儀にも違いがあります。この章は、それぞれの葬儀の違いについての解説です。過去に参列した葬儀は、どこの宗派だったのでしょうか。

\次のページで「日蓮宗:法華経のお題目を唱える」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: