現代社会

戦後日本で実施された「レッドパージ」とは?「赤狩り」とも言われた共産主義弾圧の概要や世界情勢との関連まで会社員ライターが徹底わかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。今回取り上げるレッドパージとは、戦後まもなく日本で実施されたGHQ主導の共産主義の弾圧運動のことだ。当時は通称「赤狩り」とも言われ、共産党支持者であることを理由に大勢の人が企業から解雇されるなどの弾圧処置がとられたんだ。今回はこのレッドパージを当時の世界情勢との関連を合わせて会社員ライターのけさまると一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/けさまる

普段は鉄鋼系の事務をしながら、大学時代の人文学科での経験を生かして執筆活動に取り組む。学生時代の研究テーマはイスラームについて。

レッドパージの背景

image by iStockphoto

戦後、連合国軍支配下の日本で実施された共産主義弾圧運動であるレッドパージ。これを日本が実施したのには当時の日本とアメリカのみならず、世界全体の情勢が大きく関係していました。当時アメリカは急拡大する中国共産党の存在をアジアの秩序を壊す脅威に感じており、日本国内においてこれに同調する勢力をそぎ落とす必要があると考えたのです。

共産主義関連の事件に触れる前に、資本主義と共産主義の関係性、及びそれぞれの支持者傾向を知っておくことも今後時事問題を理解するうえで重要。まず、今回挙がっている共産主義とは国民が労働して稼いだお金は国民全体で共有し、貧富の差を失くそうという考え方です。これを実施するにあたって政府が介入すると社会主義と呼ばれるようになります。一方資本主義とは、お金は稼いだ人の所有物であり多く稼いだ人が多く所有するという考え方で、現代の経済の主要理論となっているのです。

当時の世界情勢

image by iStockphoto

1945年以降、世界は冷戦下にありました。これはソビエト連邦を盟主とする社会主義陣営アメリカを盟主とする資本主義陣営による対立を指し、軍事や外交のみならず、文化やスポーツに至るまで影響を与えました。アジアではソビエト連邦の支援を受けた中国共産党が勢力を拡大していることに資本主義諸国は脅威を感じている状況でした。資本主義陣営に属する欧州諸国では戦争により国力が疲弊したことで共産主義勢力の拡大危惧されていきました。こうした状況より、資本主義陣営各国で共産主義弾圧の動きが活発化していったのです。

日本における共産主義

戦後の日本ではGHQ民生局(GS)を中心に民主化が推し進められ、治安維持法特別警察廃止などとともに、主要幹部が刑務所から釈放された日本共産党初めて合法的に活動ができるようになりました。しかし、その結果これまで抑圧されていた労働運動ストライキが過熱化していきました。やがてGHQ内でも主導権が当初のGSから参謀第2部(G2)に移り、共産主義の弾圧へと方針が転換されていったのです。こうした弾圧に対して各業界の労働組合員たちは様々な方法で抗議しますがその成果はなかなかうまくはいきませんでした。

ここで前提の2つ目。それは共産主義の支持者についてです。資本主義経済において共産主義を支持するのは一般的に経営者よりも労働者階級に多い傾向にあります。というのも、資本主義とは労働者が働いて生み出した利益を雇用主が多く享受できる仕組みであり、共産主義であればこれが労働者へ平等に分配されるという考え方だからです。そのため、共産主義と、雇用主に対して労働者の権利を主張する労働組合は関連付けて考えられることが多く、むしろ共産党は労働組合の強力な後ろ盾とみることができるでしょう。

\次のページで「レッドパージの概要」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: