国語言葉の意味

「頭に血が上る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

その年上の男性は立腹する彼女を笑顔で受け止めていた。

ID: ↑パーツ内本文:26文字

その5「血迷う」

「のぼせ上がって正常な判断力を失う。逆上して理性を失う。」という意味の「血迷う」という言葉。こちらも頭に血が上って正常な判断力を失ったような状態を指して使われる言葉となります。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

何を血迷ったか、複数の選手が突然ポジションを離れてしまい、失点につながった。

ID: ↑パーツ内本文:38文字

「頭に血が上る」の対義語は?

image by iStockphoto

「興奮する。かっとなる。」という意味の「頭に血が上る」という言葉。その対義語となる言葉は「興奮しない。かっとならない。」もしくは、「冷静になる。怒らない。」という意味を持つ言葉となります。よって、「頭に血が上る」の対義語となる言葉はありません。

ちなみに、対照的な表現として「血の気が引く」という言葉があります。これは「顔面などの皮膚の色が恐怖などのために青ざめる。血の気が失せる。」という意味の言葉です。

ID: ↑パーツ内本文:204文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで「頭に血が上る」の類義語や対義語について解説をしてきたぞ。類義語は様々なものがあったが「怒り」という感情の種類が多様であるということの表れでもある。使い分けについても確認をしておこう。

ID: ↑パーツ内本文:96文字

「頭に血が上る」を使いこなそう

この記事では「頭に血が上る」の意味・使い方・類語などを説明しました。「興奮する。かっとなる。」という意味のこの言葉。人間が怒りの感情を持った時に、脳内から分泌される「ノルアドレナリン」によって血圧が上がり、脳に血液が集まってくるという人間の体の仕組みを表すことで、怒りや興奮を意味しています。いずれにしても、血圧の上昇は体にとって良い事ではありませんので、あまり多く起こらないように生活をしていきたいものです。

ID: ↑パーツ内本文:205文字
1 2 3 4
Share: