国語言葉の意味

「頭に血が上る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

その男性は、激昂すると手が付けられないと勤務先では有名な人物で、会社内での評価も低かった。

ID: ↑パーツ内本文:45文字

その2「怒髪天を衝く」

「怒髪が冠をつき上げる。激しい怒りの形相になる。」という意味の「怒髪天を衝く」という言葉。怒りによって逆立った髪の毛がかぶっていた冠を突き上げるほどという故事成語です。中国の秦の国の国王が、弱小国が手に入れたという素晴らしい玉を横取りしようとした際に、その弱小国の人間が怒りを湛えてその玉を破壊するとすごみ、秦の国王から横取りされないようにしたという物語からできています。

ID: ↑パーツ内本文:186文字

不当な扱いをされつづけたともこは、怒髪天を衝くといった形相で抗議をした。

ID: ↑パーツ内本文:36文字

その3「堪忍袋の緒が切れる」

「もうこれ以上我慢できなくて怒りが爆発する。」という意味を持つ「堪忍袋の緒が切れる」という言葉。この表現は、何度か怒りを我慢して、こらえたことがあった中でついに怒りが爆発した状態を表現して使われる単語となります。「頭に血が上る」が、一気に火が付いたような怒りであるとすれば、「堪忍袋の緒が切れる」は、じわじわと怒りの温度が上がっていき、ついに沸点に達したようなイメージです。

ID: ↑パーツ内本文:187文字

自分たちなめたような態度の経営陣に対し、ついに堪忍袋の緒が切れた社員たちは一斉に退職願を出した。

ID: ↑パーツ内本文:48文字

その4「立腹する」

「立腹する」は「はらをたてる。怒る。」という意味の言葉です。こちらは、場面や立場をあまり気にすることなく使うことができます。

ID: ↑パーツ内本文:62文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: