国語言葉の意味

「余計なお世話」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「余計なお世話」について解説する。

端的に言えば余計なお世話の意味は「不必要なおせっかい。他人の助言や手助けを拒絶するときに言う。大きなお世話。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「余計なお世話」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

「余計なお世話」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「余計なお世話」の意味や使い方を見ていきましょう。ちなみに、この言葉の読みは「よけいなおせわ」となります。

ID: ↑パーツ内本文:59文字

「余計なお世話」の意味は?

「余計なお世話」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:24文字

1.不必要なおせっかい。他人の助言や手助けを拒絶するときに言う。大きなお世話。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「余計なお世話」

ID: ↑パーツ内本文:64文字

「余計なお世話」には「不必要なおせっかい。他人の助言や手助けを拒絶するときに言う。大きなお世話。」という意味を持っている言葉です。本来「世話をする」ということは「あれこれ気を配って人の手助けをすること。面倒をみること」という意味で、誰かにとって良いことをしてあげる、助けてあげることを指して使われる言葉となっています。

しかし、それが「余計」つまり「必要な度を超えてむだなこと。」ということですから、このような意味になるのです。よって、この言葉が使われるときは、ほとんどネガティブな場面を表しているということになります。

ID: ↑パーツ内本文:261文字

「余計なお世話」の使い方・例文

「余計なお世話」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:51文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: