国語言葉の意味

「手を引く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手を引く」について解説する。

端的に言えば手を引くの意味は「手を取って導く。続いていた関係を断ち切るなどして退く。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「手を引く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

「手を引く」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を引く」の意味や使い方を見ていきましょう。ちなみに、この言葉の読みは「てをひく」です。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

「手を引く」の意味は?

「手を引く」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:22文字

1.手を取って導く。

2.続いていた関係を断ち切るなどして退く。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手を引く」

ID: ↑パーツ内本文:56文字

まず、「手を引く」には「手を取って導く」という意味があります。相手の手を握るなどして、しかるべき方向に誘導するようなことです。例えば、お出かけなどで小さな子供やお年寄りなどをサポートしながら、その手を取って誘導するような動作を思い浮かべると良いでしょう。

そして「手を引く」のもう一つの意味が「続いていた関係を断ち切るなどして退く」です。仕事の関係で長年続けていた契約などを見直したりするなど関係を断つような時に使われます。いつもであれば手を伸ばしているところに対して、危うさを感じたり、慎重になったりするなどすることも「手を引く」と表現されることがありますので、覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:293文字

「手を引く」の使い方・例文

「手を引く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:49文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: