国語言葉の意味

「肩を落とす」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「肩を落とす」の使い方・例文

「肩を落とす」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:50文字

日本一を掛けたゲームで試合結果を左右する失敗をした選手は、肩を落として球場を後にした。

ID: ↑パーツ内本文:43文字

例文では、大切な試合でミスをしてしまった選手が、そのショックを引きずったまま帰路につくさまを表して「肩を落とす」が使われています。団体競技であれば、チームを代表してプレーをすることの責任感やプレッシャーを背負う中で、自らのパフォーマンスや結果が望んだものに届かなければ、やはり人は気落ちするものです。

そうした時に、気丈にふるまい、気持ちを切り替えて次に臨むということも必要かもしれませんが、そうしたことも出来ず、思わずその落胆が態度に出てしまったような様子と言えます。

ID: ↑パーツ内本文:236文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで「肩を落とす」の意味や語源、使い方について解説を進めてきたぞ。がっかりした時に思わずやってしまうポーズから生まれた言葉だということが分かったな。人間は言葉以上にその動作から感情が分かるものだ。細かい目の動きや、手の位置、立っている時の足の幅などでも緊張感や苛立ち具合などがわかることもある。そうしたもので感情などを表す表現は多いからこれを機にチェックしてみると良いだろう。

ID: ↑パーツ内本文:190文字

「肩を落とす」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「がっかりして、力が抜けて肩が垂れ下がる」という意味の「肩を落とす」という言葉。類義語としては「気落ちする」「うなだれる」「落胆する」「くじける」といった言葉たちが挙げられます。いずれも「肩を落とす」と同様に、がっかりした時、失望した時を表して使われる言葉です。

ID: ↑パーツ内本文:131文字

その1「気落ちする」

「失望して、気力をなくすこと」という意味の「気落ちする」という言葉。「肩を落とす」以上に、失敗や予期せぬ出来事に対してネガティブな感情を抱いていることを表して使われる単語です。肩ではなく、気持ちが落ちてしまっていると表現することで、実際の動作以上の深刻さが表現されています。

ID: ↑パーツ内本文:137文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: