今回は「モダン焼き 広島焼き」の違いについて解説していきます。関西グルメで有名なお好み焼き、中でも今回紹介するモダン焼き・広島焼きはその代表例とも言える食べ物です。みんなはその違いをきちんと把握できているか?この記事ではそんなモダン焼きと広島焼きの違いをはじめ、モダン焼きの名前の由来やお好み焼きのルーツを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

お好み焼きの種類は様々!

image by iStockphoto

この記事で紹介していくモダン焼き・広島焼きはともにお好み焼きに部類される食べ物。ご家庭で作って食べたことがある方や、専門店で食べたことがある方も多いと思います。実はその種類は豊富で、地域によって調理の仕方やその食べ方、スタイルが様々です。以下よりお好み焼きの代表例を紹介していきます。

1.広島風お好み焼き:重ね焼きスタイル

まず代表例として挙げられるのが「広島風お好み焼き」。そのスタイルは、生地、具材、麺を別々に調理した後に重ねるという重ね焼きスタイル。一般的にクレープ状に焼いた生地の上にキャベツやもやし、豚肉などの材料をのせてひっくりかえし、中の具材を蒸し焼き状態にして仕上げます。また、麺を使用する点も広島風お好み焼きの大きな特徴です。

2.関西風お好み焼き:混ぜ込みスタイル

続いて関西風お好み焼きについて。関西風お好み焼きの特徴で、かつ広島風お好み焼との大きな違いは具材と生地を混ぜ込んで焼く「混ぜ込みスタイル」である点です。関東でもよくご家庭で食べられているお好み焼きはまさにこの関西風のお好み焼きで、一般的に認知されているお好み焼きと言えます。

その他地域のお好み焼き

ではその他地域ではどのようなお好み焼きスタイル、名前があるのか。以下簡単に紹介していきます。

\次のページで「モダン焼きと広島焼きの違いは焼き方にあり!」を解説!/

その他地域のお好み焼き

・東北地方:「どんどん焼き」
・東海地方:「しぐれ焼き」
・沖縄:「ヒラヤーチー(平焼き)」 etc…

モダン焼きと広島焼きの違いは焼き方にあり!

image by iStockphoto

ではここから本題に入っていきまずが、早速結論を申しますとモダン焼きと広島焼きの違いは焼き方にあります。以下よりその違いを確認していきましょう。

1.モダン焼き:生地と具材を混ぜ込んだのち麺を挟んで焼く

まずモダン焼きについてです。モダン焼きは生地と具材を混ぜ込んだ物に麺を挟んで焼いた物で、わかりやすく言えば上記で解説した関西風お好み焼きの麺ありバージョンになります。具材を混ぜ込んだ生地をまず7割ほど焼き、その上に麺をのせ残り3割の生地を上からかぶせて挟み焼きにするのが一般的な作り方です。

2.広島焼き:生地、具材、麺を別で調理し最後に重ね焼きする

対して広島焼きは上記で解説した広島風お好み焼きのこと。その特徴は、生地、具材、麺を別々で調理して最後に重ね焼きをする点になります。またスタンダードな広島焼きで使用されるお肉は一般的に豚バラ肉が多いですが、ミンチ肉を使用した「府中焼き」と呼ばれるものや鶏モツを使用した「三原焼き」というのもあるそうです。

モダン焼きの名前の由来とは?

モダン焼きの発祥で元祖モダン焼きは、大阪のお好み焼の有名チェーン店「ぼてぢゅう」にであり、食いしん坊店主によって考案されました。当時お店で売られていたお好み焼きと焼きそばを店主が合体させて提供したのが始まりとされており、その見た目が「もりだくさん」に見えたことから「盛り沢山なお好み焼き→モダン焼き」と名付けられたそうです。

お好み焼き誕生秘話:ルーツは「一銭洋食」

お好み焼きが誕生したのは大正時代のこと。当時駄菓子屋で売られていた「一銭洋食」がそのルーツとされています。一銭洋食とは、水で溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼き、その上にネギや粉がつおなどの簡単な具をのせ、それを半分に折ってソースをかけたもので、「子どものおやつ」としても食べられていた食べ物だったそうです。そんな一銭洋食をヒントに現在では関西風お好み焼きや広島焼き、モダン焼きなど様々なお好み焼き存在します。

\次のページで「【余談】関西人はお好み焼き定食が当たり前!?」を解説!/

【余談】関西人はお好み焼き定食が当たり前!?

image by iStockphoto

今回ご紹介してきたお好み焼きですが、大半の地域の方々にとっては主食として食べられることが多いと思います。ですが、関西人の人たちはお好み焼きをご飯のおかずとして食べるのが当たり前で、関西のお好み焼き屋さんではお好み焼き定食というのも存在するそうです。

お好み焼きは自分流にアレンジしても楽しい!

この記事ではモダン焼きと広島焼きの違いを解説してきました。おさらいするとその違いは焼き方にあり、使用する具材などは特に決まりはありません。エビなどの魚介類やキムチ、トッピングにチーズを使用するなど自分流のアレンジをして楽しむのもお好み焼きの楽しみ方の一つ。鉄板でみんなで楽しくお好み焼きパーティーをするのも良し、フライパンで一人前を作るのも良し、この機会にお好み焼きを存分に楽しみましょう。

" /> 3分でわかるモダン焼きと広島焼きの違い!その違いは焼き方にあり!?モダン焼きの名前の由来やお好み焼きのルーツを雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説 – Study-Z
雑学食べ物・飲み物

3分でわかるモダン焼きと広島焼きの違い!その違いは焼き方にあり!?モダン焼きの名前の由来やお好み焼きのルーツを雑学大好き現役大学生がわかりやすく解説

今回は「モダン焼き 広島焼き」の違いについて解説していきます。関西グルメで有名なお好み焼き、中でも今回紹介するモダン焼き・広島焼きはその代表例とも言える食べ物です。みんなはその違いをきちんと把握できているか?この記事ではそんなモダン焼きと広島焼きの違いをはじめ、モダン焼きの名前の由来やお好み焼きのルーツを雑学大好き現役大学生ライターmmQnと一緒に解説していきます。

ライター/mmQn

雑学大好きの現役大学生mmQn。普段から料理をするのが大好きで、食に関する雑学は得意分野。料理経験も活かしわかりやすく解説する。

お好み焼きの種類は様々!

image by iStockphoto

この記事で紹介していくモダン焼き・広島焼きはともにお好み焼きに部類される食べ物。ご家庭で作って食べたことがある方や、専門店で食べたことがある方も多いと思います。実はその種類は豊富で、地域によって調理の仕方やその食べ方、スタイルが様々です。以下よりお好み焼きの代表例を紹介していきます。

1.広島風お好み焼き:重ね焼きスタイル

まず代表例として挙げられるのが「広島風お好み焼き」。そのスタイルは、生地、具材、麺を別々に調理した後に重ねるという重ね焼きスタイル。一般的にクレープ状に焼いた生地の上にキャベツやもやし、豚肉などの材料をのせてひっくりかえし、中の具材を蒸し焼き状態にして仕上げます。また、麺を使用する点も広島風お好み焼きの大きな特徴です。

2.関西風お好み焼き:混ぜ込みスタイル

続いて関西風お好み焼きについて。関西風お好み焼きの特徴で、かつ広島風お好み焼との大きな違いは具材と生地を混ぜ込んで焼く「混ぜ込みスタイル」である点です。関東でもよくご家庭で食べられているお好み焼きはまさにこの関西風のお好み焼きで、一般的に認知されているお好み焼きと言えます。

その他地域のお好み焼き

ではその他地域ではどのようなお好み焼きスタイル、名前があるのか。以下簡単に紹介していきます。

\次のページで「モダン焼きと広島焼きの違いは焼き方にあり!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: