この記事ではバックパックとリュックの違いについてみていきます。

2つともアウトドアや旅行、普段使いで使うバッグというイメージですね。実は呼び方が違うだけで2つは同じものを指すみたいです。なぜ呼び方が違うかは理由があるみたいです。他にもデイパックやナップサックというのもあってややこしいな。

今回はアウトドアに欠かせないアイテムの違いを、語源から確認しつつ、ハンドメイド作家の平いずみと一緒に解説していきます。

ライター/平 いずみ

刺しゅう作家兼ライター。ハンドメイド歴は17年。自分でリュックやナップサックも手作りしたことがある。今回はその経験を生かして執筆する。

バックパックもリュックも実は同じもの

image by iStockphoto

誰もが一度は遠足や林間学校などの旅行で使ったことがある「バックパック」や「リュック」。この2つは呼び方は違えど、実は同じものということをご存じでしょうか。両方とも「背中に背負う袋」という意味になります。見た目はもちろん機能も大して変わりがないため、納得する方も多いことでしょう。

それではなぜ、同じものなのに呼び方が違うのでしょうか。今から解説していきます。

バックパックとリュックの語源について

バックパックもリュックも海外から日本に入ってきた言葉になります。そのため、呼び方が複数存在するのです。では、それぞれどこの国の言葉なのでしょうか。見ていきましょう。

「backpack(バックパック)」は英語

バックパックは英語の「back(背中)」+「pack(袋)」が合わさって背負い袋という意味があります。1910年頃アメリカで生まれた言葉になり、それ以前は、「ナップサック」や「サックパック」、単に「パック」と呼ばれていたとのことです。

「rucksuck (リュック)」はドイツ語

リュックサックはドイツ語で”背中袋”を表す意味になります。また、ドイツ語の発音では「ルックザック」となりますが、日本語で「リュック」と発音するのは、英語読みしたからだそう。ちなみに、「リュック」は単にリュックサックを略したものになります。

バックパックとリュックの元々の定義とは?

バックパックとリュックは今でこそ同じ意味になりますが、元々の定義とはどのようなものであったのしょうか。解説します。

\次のページで「バックパックはアルミ製の枠にコットンの袋が付いたバッグ」を解説!/

バックパックはアルミ製の枠にコットンの袋が付いたバッグ

バックパックは元々「アルミ製の枠にコットンの袋が付いた、背中に背負うバッグ」という定義なのだそう。しかし、今では素材や形などさまざまなものが登場しており、厳密な定義はありません。英語圏では、登山・旅行・軍事・デイリーユースなど使用用途に限らず全てのものの総称を「バックパック」と呼んでいます。

リュックは軍用に使われていたバッグ

一方、リュックは元々「軍事目的で使われた、背中に背負えるバッグ」という定義なのだそう。しかし、後になって登山やハイキングなどの際に、防寒具や食料などを入れるのに使われるようになりました。バックパック同様、現在ヨーロッパ圏では使用目的や大きさに限らず全てのものを「リュックサック」と呼んでいます。

日本におけるそれぞれのイメージって?

image by iStockphoto

海外では、使用用途や大きさの区別なく全て「バックパック」「リュック」と呼びますが、日本ではそれぞれ使用目的によって区別されているイメージがあります。それでは、今から見ていきましょう。

バックパックは登山や長期旅行などに使う大型のバッグ

日本におけるバックパックは「登山や長期旅行などに使う大型のバッグ」のイメージになります。どうしてこのようなイメージになったのかというと、1970年代後半~1980年代にかけてアメリカの「バックパッキング」という言葉が日本に入ってきたからだそう。

「バックパッキング」とは、衣料・食料・キャンプ用品の入ったバックパックを背負って徒歩旅行することになります。その人たちが背負っている大きなバックパックのイメージから、バックパック=大型バッグのイメージを持つようになりました。

リュックは短期の旅行や日常使いの小型のバッグ

一方、リュックは日本において「短期の旅行や日常使いの小型のバッグ」というイメージがあります。バックパック同様、背中に背負うタイプのバッグなのですが、大きさもそれほど大きくなく、1泊2日くらいの旅行や買い物などの日常使い、学生が通学用に使うことが多いでしょう。しかし、リュックでもバックパックのような大型タイプのものもあります。

\次のページで「2つの仲間のデイパックやナップサックって?」を解説!/

2つの仲間のデイパックやナップサックって?

image by iStockphoto

では、最後に2つの仲間としてよく出てくる言葉として「デイパック」や「ナップサック」というものがあります。これらは、バックパックやリュックと何か違いはあるのでしょうか。今からチェックしていきましょう。

デイパックは1日分の荷物が入るバッグ

「daypack(デイパック)」とは英語由来の言葉で、その名の通り「1日分の荷物が入るバッグ」という意味になります。そのため、バックパックやリュックサックよりさらに小型のものになるでしょう。日帰りのハイキングや、日常使いにぴったりの気軽に持てる大きさのものになります。

最近では、使い勝手が良いことから、タウンユース用のファッション性の高いものも多く見られるようになりました。

ナップサックは肩紐がついた簡易的なバッグ

「knapsack(ナップサック)」はドイツ語由来の言葉で、英語のデイパックと同義になります。しかし、日本では巾着袋の形状で、肩ベルトが紐になっている簡易的なリュックを指すでしょう。マチ(底部分)が無く平面タイプのものを子供が背負っているのをよく見かけます。

バックパックもリュックも呼び方が違うだけだった!

これまで、バックパックとリュックの違いについて解説してきました。両方とも実は海外では同じものを指す言葉で、単に呼び方が違うだけということがわかりましたね。しかし、日本においては2つとも使用用途や大きさなどが異なり、微妙に区別されているでしょう。

とは言え、バッグは毎日使うものなので、お気に入りのデザインだったり、使い勝手が良かったりするものを使いたいもの。これぞと思うものがあるならば、周りを気にせず自分の好きなものを使うようにしましょう。

" /> バックパックとリュックは実は同じ!デイパックやナップサックとは?2つの違いについて語源や定義、イメージなどをハンドメイド作家がわかりやすく解説! – Study-Z
暮らし雑学

バックパックとリュックは実は同じ!デイパックやナップサックとは?2つの違いについて語源や定義、イメージなどをハンドメイド作家がわかりやすく解説!

この記事ではバックパックとリュックの違いについてみていきます。

2つともアウトドアや旅行、普段使いで使うバッグというイメージですね。実は呼び方が違うだけで2つは同じものを指すみたいです。なぜ呼び方が違うかは理由があるみたいです。他にもデイパックやナップサックというのもあってややこしいな。

今回はアウトドアに欠かせないアイテムの違いを、語源から確認しつつ、ハンドメイド作家の平いずみと一緒に解説していきます。

ライター/平 いずみ

刺しゅう作家兼ライター。ハンドメイド歴は17年。自分でリュックやナップサックも手作りしたことがある。今回はその経験を生かして執筆する。

バックパックもリュックも実は同じもの

image by iStockphoto

誰もが一度は遠足や林間学校などの旅行で使ったことがある「バックパック」や「リュック」。この2つは呼び方は違えど、実は同じものということをご存じでしょうか。両方とも「背中に背負う袋」という意味になります。見た目はもちろん機能も大して変わりがないため、納得する方も多いことでしょう。

それではなぜ、同じものなのに呼び方が違うのでしょうか。今から解説していきます。

バックパックとリュックの語源について

バックパックもリュックも海外から日本に入ってきた言葉になります。そのため、呼び方が複数存在するのです。では、それぞれどこの国の言葉なのでしょうか。見ていきましょう。

「backpack(バックパック)」は英語

バックパックは英語の「back(背中)」+「pack(袋)」が合わさって背負い袋という意味があります。1910年頃アメリカで生まれた言葉になり、それ以前は、「ナップサック」や「サックパック」、単に「パック」と呼ばれていたとのことです。

「rucksuck (リュック)」はドイツ語

リュックサックはドイツ語で”背中袋”を表す意味になります。また、ドイツ語の発音では「ルックザック」となりますが、日本語で「リュック」と発音するのは、英語読みしたからだそう。ちなみに、「リュック」は単にリュックサックを略したものになります。

バックパックとリュックの元々の定義とは?

バックパックとリュックは今でこそ同じ意味になりますが、元々の定義とはどのようなものであったのしょうか。解説します。

\次のページで「バックパックはアルミ製の枠にコットンの袋が付いたバッグ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: