理科生物生物の分類・進化

花弁はなんであるの?花冠とは?花弁の役割や種類、色の仕組みについても理系ライターが分かりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「花弁」について勉強していこう。花はカラフルな色や甘い香りで園芸や生け花など様々なシーンで使われているが、植物自体は人間を楽しませるために花を咲かせているわけではない。花の構造の中でも最も目立つ「花弁」の役割や種類を見ていき、より知識を深めていこう。

大学院で植物の研究していた、生物に詳しいライターAnnaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

anna01

ライター/Anna

大学で生物学について幅広く学び、大学院では植物の研究をしていた。生物学の楽しさをたくさんの人に広められるよう日々勉強中。

花弁の役割とは?

花弁の役割とは?

image by Study-Z編集部

花弁とは簡単に言うと花びらのことです。複数の花弁が集まったものを花冠(かかん)と呼びます。花というと花びら(花弁)のことをイメージしがちですが、花は萼片(がくへん)、花梗(かこう)、花床(かしょう)、雄しべ、雌しべなどから構成されていて、花弁も花を構成する構造の一つです。

植物によって色や形は様々ですが、どの花弁も同じ役割を持っているんですよ。その役割を一つずつ見ていきましょう。

虫や鳥を引き寄せる

image by iStockphoto

花弁には虫や鳥を引き寄せる役割があります。一般的に植物は動くことができないため、種子を作る際には虫や鳥を媒介して花粉を運んでもらい受粉する必要がありますよね。虫を利用して花粉を運ぶ花を虫媒花と言いますが、虫媒花は虫を誘うために花弁の色が鮮やかであったり匂いが強いものが多いですよね。一方、鳥を利用して花粉を運ぶ花を鳥媒花と言いますが、鳥媒花は虫媒花と比べると匂いがほとんどなく花弁の色は赤色が多いです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

腐肉の臭いがする言われるラフレシアは人間からすると悪臭だと感じるが、これはハエなどの虫を引き寄せて花粉を運んでもらうためだ。虫によって好む臭いは異なるから、花も引き寄せたい虫が好む臭いを出せるよう進化したようだ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
anna01