言葉雑学

untilとbyの違いは物事が継続しているか・いないかにあり!似た意味のtillとbefoer、by the timeの違いについてもを雑学好きが徹底的に調べてみた

よぉ、桜木健二だ。この記事では英単語のuntilとbyの違いについてみていくぞ。2つともどちらも日本語に訳すと「~まで」という意味になるよな。違いはずばりその時点「まで」に物事が完了しているか、継続しているかの時間的な期限にあるようだ。今回はそんな似た意味を持つ2つの英単語をの違いを例文を交えつつ、同じく「まで」という意味を持つtillとbeforeとも比較しつつ食いしん坊主婦と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
chikin007

ライター/食いしん坊主婦

英語ペラペラになりたいと思いつつ早数年。過去に数回海外へ行くもカタコトで終了。英語はなかなか上達しないが言葉の違いは好物なのでついつい調べてしまう。

ID: ↑パーツ内本文:74文字

untilとbyが混同するのはなぜ?

そもそもuntilとbyは基本的には意味が違う言葉。untilは「~まで」という意味に限定されますがbyは「~のそばに」・「~によって」という意味があり、原因や手段を表すときなどにも用いられるので範囲はかなり広め。こうしてみると混同することはなさそうですよね。ですが使い方によってはbyも「~まで」という似た意味を持つようになるため、混同されやすくなるんです。

ID: ↑パーツ内本文:180文字

untilとbyの違いは「ある時点」までの物事が継続しているか・いないかにあり!

image by iStockphoto

先ほども解説したように、untilもbyも「~まで」という意味を持ちます。だけど英語で「~まで」という表現をするときにどちらでも好きな方を使えばいいというわけではありません。どちらも日本語で「~まで」とある時点までを指す意味ではありますが、その「ある時点」まで物事が継続しているか・いないかに違いがあるんです。

ID: ↑パーツ内本文:155文字

untilは「ある時点」まで物事が継続している場合の表現

untilは「ある時点」まで物事が継続している場合の表現です。というと少し難しく感じるかもしれませんが、例えば「私は17時までここにいる」「来週までこの本を借りる」「12時までお昼ご飯を作っている」など。なんとなくニュアンスは伝わるでしょうか?以下、英語での例文をいくつかご紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:143文字
  • I lived with an uncle until I was twelve. (雨がやむまで待った)
  • I waited until the rain (had) stopped.(12歳までおじの家に住んでいた)
  • He remained single until his death.(彼は死ぬまで独身を通した)

(引用:goo辞書)

ID: ↑パーツ内本文:257文字

どれもその時間・期日の間ずっとその物事が続いていることになりますよね。このような場合にuntilを用います。

ID: ↑パーツ内本文:54文字

byは「ある時点」までに物事が完了している場合の表現

続いて、byは「ある時点」までに物事が完了している場合の表現です。これはどういうことかというと、例えば「私は17時までにここにる」「来週までにこの本を借りる」「12時までにお昼ご飯を作る」。untilの時と似た言葉ですが、untilそのはその時間までには終わっているという意味合い。それに対してbyはその時間・期日までに物事が完了するんですね。以下、英語での例文をいくつかご紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:193文字

finish by the evening.(夕方までには完成する)

Please come back before 4:00 pm.(午後4時までに戻ってきてください)

I want a reply by Friday.(金曜日までに返事が欲しい)

(引用:webilo英和辞書)

ID: ↑パーツ内本文:187文字

このようにその時間や期日までに動作や状態が終わっていることを指すときに、byを用います。こうしてみると、なんとなくイメージはつかめたのではないでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:77文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

untilとby、一見似ているように見えるが「ある時点」まで物事が継続しているか・していないかの違いがあることが分かったな。untilは「~まで」byは「までに」と考えると覚えやすいだろう。次は似た意味を持つbeforeとtillについてみていくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:125文字

よく似た意味を持つbefore、tillも比べてみよう

image by iStockphoto

実は、似ている表現はuntilとbyだけではありません。beforetillも、until・byと同じように「~まで」という意味を持つ前置詞。beforeは「~までに」よりも「~の前に」と言った意味で用いられることが多く、tillはuntilの「~まで」という意味とあまり変わりないようです。

ID: ↑パーツ内本文:147文字

untilとtillの微妙な違い

上記でも少し触れましたが、untilとtillの意味に違いはありません。では何が違うかというと、使われるシーンに違いがあると言えます。until日常的にもフォーマルな場面でも使えますが、tillはくだけた雰囲気になりカジュアルに使われるんですね。ビジネス英会話や目上の方などと話す際にどっちを使うか迷ったら、untilを使った方が良いでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:173文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
chikin007