国語言葉の意味

【慣用句】「虫がつく」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

2. 「浮気」

次の類義語が「浮気」(うわき)です。こちらも口語では良く用いられますが、意味を確認しておきましょう。

1. 一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。

2. (性愛の対象として)特定の人に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。

3. 配偶者・婚約者などがありながら、別の人と情を通じ、関係をもつこと。

4. 心が浮ついて、思慮に欠けること。また、そのさま。

5. 浮かれて陽気になるさま。また、そうなりやすい気質。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「浮気

「虫がつく」の類義語としては2か3の意味が近いでしょうか。ただし「浮気」には「未婚の女性」といった意味合いは含まれていないことがわかりますね。

3. 「内通」

今回ご紹介する最後の類義語が「内通」(ないつう)です。こちらも意味を確認しておきましょう。

1. 味方の中にいて、こっそり敵に通じること。内応。

2. 男女がひそかに情を通じること。私通。密通。

3. 内々に話を通しておくこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「内通

「虫がつく」の類義語としては2の意味でしょう。「ひそかに」という意味合いが「内通」には強いことがわかります。

「虫がつく」の対義語は?

さて、同義語の次は対義語(反対語)を見ていきましょう。

\次のページで「「清純」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: