国語言葉の意味

【慣用句】「頭を撥ねる」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「頭を撥ねる」について解説する。

端的に言えば頭を撥ねるの意味は「ピンはねする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾講師を経験したナギセを呼んです。一緒に「頭を撥ねる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ナギセ

塾講師経験のあるライター。もちろん国語も教えた経験あり。国語好きを生かし、楽しく解説する。

「頭を撥ねる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 34212828

それでは早速「頭を撥ねる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「頭を撥ねる」の意味は?

「頭を撥ねる」には、次のような意味があります。

人の取り分の一部を自分のものにする。ピンはねする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「頭(あたま)を撥(は)ねる」

「頭を撥ねる」よりもピンはねの方が耳にする機会が多いかもしれませんね。

「頭を撥ねる」の語源は?

次に「頭を撥ねる」の語源を確認しておきましょう。

頭にはうわまえという意味があります。撥ねるには取り除くという意味があるので、一部、うわまえを取り除くという意味で「頭を撥ねる」を使うようになったようです。

お尻や足ではなく頭を使うのが面白いですね。

「頭を撥ねる」の使い方・例文

「頭を撥ねる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.運営者がうまいこと頭を撥ねたようだ。
2.頭を撥ねたことが相手にばれた。
3.「こっそり頭を撥ねるなんて朝飯前さ。」と彼が言った。

人の利益の一部をとって自分のものにするという意味で使われています。良くない意味で使われることが多いですが、意外とそこらで行われているようです。

「頭を撥ねる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 61312036

「頭を撥ねる」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。早速見ていきましょう!

その1「ピンはねする」

取り次いで人に渡すべき金品から、その一部を取って自分のものとするという意味の言葉です。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ピンはねのピンはポルトガル語のpinta(点)からきています。これはかるたや賽の目などの「一」のことです。一はね、つまり一割はねることから、「ピンはね」すると言われるようになりました。外来語からきているので「ピン」は片仮名なのでしょうね。

1.日当をピンはねしてから渡す。

2.ピンはねされていたことを知って不快感を感じた。

3.あそこの会社はピンはねするとたちまち噂になり、悪事千里を走るとはこのことか、と落ち込んだ。

その2「上前を撥ねる」

他人に取り次ぐ賃金や代金の一部を自分のものとする、かすめとるといった意味の慣用句です。「上前(うわまえ)」は「上米(うわまい)」からきており、仕事や売買の仲介をする者が取る賃金や代金などの一部のことを指します。

また、「上米」は江戸時代に諸国の年貢米を通過させるときに、神社がその幾分かを「初穂」として寄進させたもののことです。

1.手数料だと言って上前を撥ねる。

2.彼らが上前を撥ねているとうわさが流れたが証拠がなく、曖昧模糊とした状態になって終わった。

3.給料の上前を撥ねられていてショックだった。

その3「猫ばばする」

拾得物などをこっそり自分のものとすることという意味の言葉です、他に、悪いことをして素知らぬ顔をすることという意味もあります。これは、猫がフンをしたあとを、砂をかけて隠すところからきているようです。

1.人が稼いだ金を猫ばばするなんて、悪銭を手に入れた奴の気持ちが知りたい。

2.猫ばばされないような対策をおすすめされた。

3.明日も猫ばばされようものならただじゃおかない。

\次のページで「その4「搾取」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: